【男性編】親友でも許せないことランキング


親友でも一定の尊重はしてほしい





親友は貴重で得がたいもの。けれども、「親しきなかにも礼儀あり」。親友でも許せないことはありますよね。あるいは、親友だから"こそ"許せないこともあるかもしれません。そこで今回は、親友でも許せないことについて、男性392名にうかがいました。ひょっとしたら、自分では案外気づかないことがあるかもしれません。参考にしていただければうれしいです。





Q.親友でも許せないことを教えてください(複数回答)

1位 あなたの恋人と浮気(恋人を奪う) 49.5%

2位 宗教に勧誘してくる 32.4%

3位 お金・物を返してくれない 24.7%

4位 暴力的 24.0%

5位 マナーが悪い 19.6%

5位 差別的 19.6%







■あなたの恋人と浮気(恋人を奪う)

・「経験はないが、これをされたら信用できなくなると思うから」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

・「超えてはいけない一線を越えられた気がするから」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「これをされたら何があろうと許しません。嫉妬(しっと)ぶかいタチなので」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「人の大事なものを奪ったら、もう親友ではないと思う」(31歳/金融・証券/営業職)





■宗教に勧誘してくる

・「精神的なところに介入してくるのは、魂を吸い取られるようで非常にいやだ」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「個人の自由だから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「宗教勧誘は危険極まりない。友人がそうなってしまったときはひいた」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「友人がねずみ講のようなものにハマって以降、会うたびそれしか話さなくなって別人みたいになってしまった」(38歳/小売店/営業職)





■お金・物を返してくれない

・「大切にしていた本を貸して、二度とかえってこなくて残念だった」(31歳/機械・精密機器/営業職)

・「いまだに返してもらえない。そして逃げられた。恨んでいる」(35歳/学校・教育関連/技術職)

・「お金にだらしないのはありえない」(22歳/金融・証券/専門職)





■暴力的

・「暴力はいけない」(25歳/金融・証券/営業職)

・「人としておかしい」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■マナーが悪い

・「ポイ捨てやめろ」(38歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「マナーが悪いとその人の品格を疑ってしまうから。どんなに気が合ってもマナーが悪ければ疎遠になっていった」(28歳/その他)





■差別的

・「そもそも親友になれない。友達すら危うい」(28歳/金融・証券/営業職)





■番外編:親友といえども許せません

・嘘をつく「親友なら本当のことを言ってほしい」(23歳/農林・水産/営業職)

・陰口を言う「自分のことも陰で言われていると思うと信用できないから」(26歳/不動産)

・コンプレックスをからかう「どうしても気にしていることは触れないでほしい」(24歳/情報・IT/技術職)





総評

1位に輝いたのは「あなたの恋人と浮気(恋人を奪う)」でした。親友になるくらいですから、ひょっとしたらあなたと好みが似ているのかもしれません。けれども、これはダントツのNG事項。よほどの覚悟がない限り、避けたほうが良いと言えるでしょう。





続いて、「宗教に勧誘してくる」が2位にランクインしました。急に、その話しかしなくなってしまった友人にびっくりしてしまう人も多いようです。相手は良かれと思ってやっているだけに、交渉の余地がなく、さびしいですよね。





3位は「お金・物を返してくれない」。お金を稼ぐチャンスは一生ありますが、友情は失ったら取り戻せません。大切にしたい親友だからこそ、お金やモノが原因でダメになってしまったらもったいないです。





4位「暴力的」、5位「差別的」では、親友である以前に、友だちにもなれないとの意識も強いようでした。いくら親友と言えども、相手の嫌なことをしないというのが、関係を長く続けるコツなのかもしれませんね。

(文・OFFICE-SANGA 臼村さおり)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性392名

調査方法:インターネットログイン式アンケート