過酷な「勤務医」の実態--4割が”週60時間以上”労働、半数が年休”3日以下”

写真拡大

労働政策研究・研修機構(JILPT)は5日、全国の20床以上の病院に勤務する24歳以上の医師(医院・クリニックの院長は除外)を対象に実施した「勤務医の就労実態と意識に関する調査」の結果を発表した。

同調査は、2011年12月1日〜9日の期間にインターネット上で行われ、3,467名から有効回答を得た。

それによると、職場の医師の不足感について、68.6%が「感じる」(「非常に感じる」27.8%、「まあ感じる」40.8%)と回答。

一方、「感じない」(「ほとんど感じない」11.5%、「あまり感じない」2.7%)は14.2%だった。

診療科別に見てみると、「感じる」の割合が最も多かったのは「麻酔科」で81.7%。

以下、「救急科」77.8%、「小児科」70.7%、「整形外科」70.6%と続いた。

また、過疎地域かどうかの別で見た場合、過疎地域に所在する病院に勤めている医師の方が「感じる」と答えた割合が高く、78.5%を占めた。

主たる勤務先での1週間当たりの実際の労働時間は、平均46.6時間。

詳細は、「60時間以上」が27.4%(「60〜70時間未満」15.5%、「70〜80時間未満」6.6%、「80時間以上」5.3%)、「40〜50時間未満」が26.6%、「50〜60時間未満」が23.5%、「60〜70時間未満」が15.5%となっている。

他の勤務先を含めた1週間当たりの全労働時間の平均は53.2時間で、「60時間以上」の割合は40.0%(「60〜70時間未満」20.0%、「70〜80時間未満」10.0%、「80時間以上」10.0%)に上った。

このほか、「50〜60時間未満」が24.4%、「40〜50時間未満」が21.8%、「60〜70時間未満」が20.0%となった。

昨年1年間に実際に取得した年次有給休暇の取得日数は、「4〜6日」が25.8%でトップ。

次いで、「1〜3日」が24.9%、「0日」が22.3%となり、約半数の47.2%が「3日以下」(「0日」22.3%、「1〜3日」24.9%)と回答した。

医師のうち、60.3%が「疲労感」を、45.5%が「睡眠不足感」を、49.2%が「健康不安」を感じていることが判明。

さらに、医療事故につながりかねないような「ひやり」あるいは「はっと」した体験「ヒヤリ・ハット体験」があるか尋ねると、68.0%が「ときどきそうである」、8.9%が「ほとんどそうである」と回答し、合わせて76.9%が「何らかのヒヤリ・ハット体験がある」と答えたことが分かった。

睡眠不足感に対する認識別にみても、睡眠不足を感じている医師ほど「ほとんどそうである」の割合が高く、15.2%に上った。

勤務医の勤務環境を改善するための方策について聞いたところ、最多は「医師数の増加(非常勤・研修医を含む)」で55.4%。

以下、「当直明けの休み・休憩時間の確保」53.4%、「他職種(看護師、薬剤師等)との役割分担の促進」50.8%、「診療以外の業務の負担軽減」45.9%と続いた。