牛丼の『すき家』で会計をしようとしたら店員がいなかったでござる / 5分待つも とうとう現れず

写真拡大

月に2〜3回ほど、東京都内の牛丼レストラン『すき家』で雑談をしながら記者同士でコミュニケーションをとることがある。いつもは牛丼とサラダで済ますが、贅沢に瓶ビールを注文することもある。給料日後は奮発してとん汁も一緒に注文することもある。かなりの豪華な晩酌となる。まさに、ツキイチの自分へのご褒美だ。

つい先日、記者同士でいつものように『すき家』でビールを飲みながら会話をしていたときである。終電も近いのでそろそろ店を出ようというとき、レジまでレシートを持っていったものの、店員がいない……。すみませーん! と言うものの、店員さんの返答がない。

大声で「お会計お願いしまーーーす!!」と言ってみたが、それでも返答がない。おかしいな……。少なくとも店員さんは2名いるはずなんだけど……。厨房のほうをじーっと覗いてみたが、店員がいる気配がない。正直、悪意を持った人がいろいろと盗んでいってもバレないレベルである。

ちなみに、記者意外に客はいない状態だった。そうこうしているうちに5分が経過し、終電もヤバイという状況になった。レシートの金額は1300〜1400円くらいだったが、仕方なくレシートと1500円をレジに置いて店を出た(こまかいお金を持っていなかったのだ)。

盗む気持ちなんて毛頭ないが、あのような状況では強盗対策どころか、あらゆる面で防犯対策に不安を感じる。『すき家』は他の牛丼屋よりも強盗事件の発生率が高いとして話題になっているが、店員すらいないのでは、強盗かあったのかどうかさえ分からないのではないだろうか? とにかく、店員さんがいなくなるのだけは勘弁してほしい。