(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●関羽の油断!
大雨・洪水となった樊城周辺、城も半分水没した状態ながら曹操軍の曹仁はまさに背水の陣とばかり関羽に対して守り切ります。

先日の于禁と龐徳の攻略もあり、圧倒的優位にあるかに思われた関羽、外の暑さのあまり思わず鎧を脱ぐくらいに油断してしまいます。しかもそのまま樊城の曹仁軍へ挑発に出る関羽ですが…。

鎧を着ていない事を気付いた曹仁軍は関羽の右腕に毒矢を放ちます。これにより関羽の右腕は極めて危険な状態になってしまい殆ど身動きが取れなくなります。
●張飛、名医華佗を呼ぶ!
旅人の噂で関羽の毒矢の傷の件を知った劉備と孔明、関羽の傷を治せるのは天下の名医である華佗以外いません。ところが華佗は孫権領の江東在住、恐らく孫権に華佗は抑え込まれているのは確実です。

そこで張飛のアイデアによって酒の屋台を神々・竜々と共に張飛が移動することになったのですが…。
●華佗、関羽の元へ行く!
華佗の家の周りには孫権軍の兵士が固めているため張飛は近づけません。そこで張飛は疫病に罹ったようにみせかけ、上手く華佗と出会う事が出来ます。ところが華佗は張飛が孫権軍の兵士を殺害して突破する事には大反対!そうこうしている間に孫権の妹の貞姫が華佗を呼ぶ事にします。

これは貞姫は仮病を使い華佗を呼び出し、関羽の元へ運ぶという作戦だったのです。

※貞姫は名策略家なのかもしれません。
●華佗、関羽を治療する!
関羽の元へ着いた華佗、関羽の毒矢の傷を見るとかなりの重傷ながら治療出来ると診断します。しかし、かなりの荒療治のため関羽を柱にくくりつけて痛みで暴れ出さないように指示しますが…。

関羽は手術中、伊籍と碁を指しながら余裕の表情を見せます。治療が終わったとき、手術を見ていただけの伊籍が気絶してしまいます。

これで関羽は傷も回復しますが…。
●呂蒙、荊州城を落城する!
呉の大都督となった呂蒙、関羽が樊城攻略にかかりきりになっている隙をついて、傅士仁が守備する荊州城を落城します。

※傅士仁は戦わずして降伏してしまいます。

これによって関羽軍は孤立してしまう事になりますが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第56話「関羽の涙」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第55話「五虎大将関羽 出陣す」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第54話「玄徳 王位に即く」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第53話「名将の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第52話「許昌炎上」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト