神奈川県横浜市「原鉄道模型博物館」開館2カ月で早くも入館者数10万人達成

写真拡大

横浜三井ビルディングにある世界最大級の鉄道模型博物館「原鉄道模型博物館」は4日、入館者数10万人を突破した。

7月10日に開館してから2カ月弱で、年間目標来館者数(20万人)の半分を達成する好調ぶりだ。

10万人目の入館者となったのは、都内在住の8歳の男の子。

原信太郎館長より記念の花束とNゲージ東海道線スターターセット、Nゲージ東海道線車輌、Nゲージ線路セット、およびDVD『シャングリ・ラの夢』が手渡された。

原鉄道模型博物館は、世界的に著名な鉄道模型製作・収集家、原信太郎氏のコレクションから選りすぐりの鉄道模型約1,000両を展示。

世界最大級(約310平方メートル)のジオラマにて一部を走行展示しているほか、戦前の箱根登山鉄道の電車や車内まで精巧に作りこんだオリエント急行の食堂車など、貴重な模型コレクションの数々を展示している。

同博物館では、「今後も新しい企画や原館長の秘蔵品を次々とお披露目する予定」とのこと。