男性必見! 女性をほれさせる「押し方」4パターン




初めは興味がなかったのに、相手の押しに負けて付き合ったことがある女性って、結構多いと思います。では、女性にとって好感が持てる「押し方」とはどんなものなのでしょうか。女性の意見を集めてみました。



■包容力・安心感タイプ



「告白されてから半年間、マメな連絡とブレない愛情表現で安心できた」(29歳)

「落ち込んでいると声をかけてくれたり、いつも私を見ていてくれた」(25歳)



包容力のある愛情表現で信頼を勝ち取った男性は多いよう。「この人なら幸せにしてくれる」、「こんなに好きになってくれる人はほかにいないかも」と、相手に思わせるのがポイントなのかも。過去の恋愛で大きく傷ついた経験がある女性や、「私はモテない」と思い込んでいる女性には特に効果がありそうです。



■新たな世界を提示タイプ



「すてきなお店をたくさん知っていた」(28歳)

「海外留学経験があり、旅行好き。グローバルな視点を持っているのがすてきだった」(31歳)



「付き合ったら、世界が広がりそう」だと、女性に思わせるのも一つの方法のよう。日々の生活にマンネリを感じていて、潜在的に刺激を求めている女性にとっては特に効果的なのかも。



■さらりとタイプ



「友達ノリで遊びに誘ってくれたりしたので、身構えずに親しくなれた」(23歳)



「アタックするぞ!」という意気込みを相手に感じさせないのも一つの方法。さらりと誘ってもらえると、断るときも断りやすいし、タイミングが合えば誘いにも乗れるし、何かと気持ちが軽いですよね。彼氏がいる女性や警戒心の強い女性へのアプローチにはいいかもしれません。



■唯一無二タイプ



「しっかり者に見られる私。『強がらず思い切り甘える恋愛をして良いんだよ』と言われイチコロ」(24歳)

「束縛彼氏の後に好きになった人は、『彼女の行動は気にならない』と言い切った人」(30歳)

「ちやほやされてうまくいかなかったことが多かったので、厳しくしてくれる男性に弱い」 (26歳)



「今までの男性とは違う」と思わせる方法。相手の女性が経験したことのないような扱いをしてみるというのも一つの手かもしれません。



「草食男子」が多いと言われる昨今。「押しの強い男性」には、確実に価値があると思います。男性は、相手の気持ちやその場の空気を読みつつ、お気に入りの女性に合った「押し方」を実践できたら良いですね。



(桜まゆみ+プレスラボ)