ジャズピアニスト上原ひろみがパルコのキャンペーンモデルに

写真拡大

 パルコが、ジャズピアニストの上原ひろみを、秋冬のキャンペーンモデルに起用したことを発表した。新テレビCMは9月14日から放映予定。上原ひろみが、新曲「MOVE」を演奏する。 ジャズピアニスト上原ひろみがパルコのモデルにの画像を拡大

 この秋パルコは、世界的に活躍するジャズピアニストでありながら可愛らしさとファッショナブルさを兼ね備え、20〜30代の女性に共感を得るアイコンとして最適、という理由から上原ひろみをキャンペーンモデルに抜擢。上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクトによる最新アルバムのタイトル曲「MOVE」をエネルギッシュに演奏するテレビCMでは、本を読んだり秋の食材をあしらったスイーツを手にしたりと、秋を楽しむ女性のイメージが表現される。 上原ひろみは1979年静岡県生まれ。バークリー音楽院の在学中に、ジャズの名門テラーク・レーベルと契約して2003年に世界デビュー。第53回グラミー賞において参加アルバムが「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」を受賞。2011年にパリで開催されたメンズファッションウィークでは、夫でありデザイナーの三原康裕による「MIHARAYASUHIRO(ミハラヤスヒロ)」2011-12年秋冬メンズコレクションのショーで生演奏したほか、様々なアーティストと共演するなど幅広く活躍している。