原状回復費にいくらかかるか? 本当の数字




次に住む人のためにクリーニングする、リニューアルする、バカにならないのがこの「原状回復費用」です。賃貸物件の借り手であれば、「敷金から補てん」ということになるのであまり気にはなりませんが、貸し手になると大いに気になります。



これはいくらぐらいかかるのでしょうか?



筆者はゆえあってにわか大家になりました。転勤になってしまったので、仕方なく購入したマンションを貸すことになったのです。貸すとなると、やはり手を入れなくてはなりません。そこで仲介してくれる不動産屋さんの紹介で、業者さんに見積もりをとってみました。



3社から見積もりをとって一番安価だった本当の数字を紹介します。ちなみに、マンションは築7年で、間取りは2LDK、約55平方メートルになります。



■仮設工事

搬入運搬一式 20,000円

室内養生一式 20,000円

最終クリーニング一式 50,000円

(キッチン、換気扇、浴室、洗面化粧台、トイレ、サッシ、網戸、ベランダ、扉ふき上げ、WAX)

計 90,000円



■建築内装工事

クロス貼り替え工事 199.1平方メートル 単価@900円 179,190円

洗面室CF貼り替え工事 1.7平方メートル 単価@2,400円 4,080円

トイレCF貼り替え工事 一式 単価@4,000円 4,000円

計 211,030円



■現場管理および経費

現場管理および経費一式 60,206円



小計 361,236円

値引き -283円

消費税 18,047円

合計 379,000円



クロス貼り替えはどうしてもやらないといけない作業で、これが結構高価です。単価@900円というのは相当頑張ってもらった数字らしく、「ここもうちょっとなんとかなりませんか」と言うとイヤな顔されました(笑)。





ほとんどすべての部屋がフローリングなのですが、筆者は入居時にすべてタイルカーペットで覆ってしまいました。カーペットをはがせばフローリングはほぼ新品同様。ですので、その分のリニューアル工事代金はセーブできています。



またエアコンはとても大事に使っていたのでそれらの入れ替え工事もなくて済みました。しかし、にわか大家にとっては約38万円は痛い出費です。



今回依頼した不動産屋さんに聞いたところ、「お金がかかるのがイヤなので」と自分で原状回復を行う大家さんもいるそうです。筆者も見積もりをもらった際には「自分でやろうかな」と思ってしまいました(笑)。さて、この現状回復費、みなさんは高いと思いますか?



安いと思いますか?







(高橋モータース@dcp)