チャレンジカップへの挑戦がいじめ克服の契機に(写真右がS君)。

写真拡大

2012年7月17日(日本時間)にプレジデント連載「コヴィー博士のビジネス問答」の執筆者であり全世界2000万部の『7つの習慣』著者であるコヴィー博士が亡くなった。博士の功績を称え、ここに追悼する。

■自殺も考えたひどいいじめ

「いじめが原因で自殺をしてしまった大津の中学生の話を聞き、同じようにいじめを受けた人間として居たたまれない気持ちになりました。いじめと自殺との因果関係を曖昧にしようとする教育委員会や学校の教職員に対しては強い憤りを感じます。もし彼自身が変わることができれば、違った未来を得る可能性があったと思うと残念でなりません」

埼玉県内の大学に通うS・Y君は、ときおり目の前のテーブルに目線を落としながら訥々と話す。一つひとつ言葉を丁寧に選んでいるようだ。S君は小学校3年生のときに転校した先で起きたある出来事がいじめのきっかになった。クラスメートの女の子の下駄箱に、その子の悪口が書いてありそれを書いたのがS君とされた。しかし、S君にとってはまったく身に覚えのないことだった。

「それからというもの『Sの呪いがついたから触るなー』と病原菌のような扱いをされたり、ありもしないことをいいふらされたりしました。さらに中学生になってからは、呼び出されて殴る蹴るの暴行を受けたり、『おまえ、見ているだけでむかつくんだよな』『死ね』と言葉の暴力もエスカレートする一方でした。しかし、僕はひたすら耐え続けるしかなかったのです。自殺を考えたこともあります」

そんなS君に転機が訪れたのが中学3年生のとき。両親に勧められて入った学習塾では、通常教科のほかに別のカリキュラムが組まれていた。それはスティーブン・R・コヴィー氏の『7つの習慣』を日本の小・中・高校生向けにアレンジし直した人間性教育プログラム「7つの習慣J」に基づいた指導だった。周囲の環境に負けない力を子どもたちに身につけさせるためで、その指導を受けるうちに塾のM先生との間で信頼関係が生まれ、S君は両親にもいえずにいたいじめのことを次第に相談するようになった。

「7つの習慣J」、そしてM先生という心の支えを得たことで少しは自信がついたからなのか、高校に進学してからS君はあからさまないじめを受けることがなくなった。ただ、いつも一人でいることは変わらない。「またいじめられてしまうのではないかと思うと、友達づくりで頑張ろうという気にはなりませんでした」とS君は振り返る。

そして、2年生になったS君はM先生からチャレンジカップへの挑戦を勧められた。これは自分で決めた目標に挑戦する大会で、対象となる小学生から高校生まで毎年4000人以上もエントリーし、発表された内容の評価に応じて賞が与えられる。参加に何らためらいを感じなかったS君だが、肝心なチャレンジする対象をなかなか見つけられなかった。

「M先生から『チャレンジは自分がどうしても解決したいものを克服するためにあるんだよ』といわれて、友達づくりが浮かびました。でも、踏ん切りがつかずに何週間も悩みました。するとふいに『僕はいつまで友達のいない人生を送るつもりなのだろう』『この状態にピリオドを打つのはいったい誰なんだろう』という思いが頭の中をよぎったのです」

■Y君から受けた初めての相談

友達をつくるという目標をS君自身が選択した瞬間だった。それは「自分が選択する」という第一の習慣の実践でもあった。そして第二の習慣である「終わりを考えてから始める」ことに取り掛かった。S君は「いきなり10人だとハードルが高そうなので、2人の親友をつくることを目標にしました」という。

まず話しかけようと考えた相手は中学校のときの同級生のY君。しかし、いざ声をかけようとしても、言葉が口から出てこない。「『何だよ、うるさいな』といわれたらどうしよう」といった不安ばかりが先走ってしまう。1週間ほど思い悩んだ後、勇気を振り絞って「何やっているの」と声をかけた。すると「鏡を見ていたんだ」と返事があった。それまで心臓がバクバクしっぱなしだったS君にとって、そのY君の対応は嬉しいというよりも驚きだった。「いじめを引きずっている僕に答えてくれた……」。そして、人気の「遊戯王」のカードのことなどを無我夢中で話した。

それからというものS君は、Y君と毎日挨拶を交わすこと、一緒に帰ることなどを大切にした。はたから見ると些細なことかもしれない。しかし、Y君との信頼関係を築いていくうえでS君にとって大切なことだった。実はそれらは「自分が大切と思うことを優先して行う」という第三の習慣の実行でもあったのだ。

「いつもY君のことを理解しようと考え、たとえばY君が学校の成績のことに触れられるのは嫌そうだとわかると、話題から外すように心がけました。そうしているうちにY君から『人の心にどこまで踏み込んでいいのかわからないんだ』と相談を受けました。それまで相談をする側ばかりの僕にですよ。Y君のために協力したいと一生懸命に考えました」

■理解してから理解されるということ

第四の習慣は「Win‐Winを考える」、そして第五の習慣は「理解してから、理解される」であるが、S君はY君をまず理解することでY君の信頼を獲得し、お互い頼りにされるWin‐Winの関係を築けた。また、Y君を介してD君とも友達になることができた。そんな2人に背中を押されてS君は学園祭でカラオケを歌う企画に出場した。旗を持って応援に来てくれた2人の姿を見て、涙が出そうになった。

「ある日、2人に相談したんです。『もっと友達をつくりたいんだ』と。すると『無理かもしれないが相手を信じてみろよ』と真剣にアドバイスしてくれました。そのとき僕にも親友ができたんだと思いました。そして、その瞬間にいじめを受けた8年間の心の重しが取れました」

2009年のチャレンジカップの大会の檀上で、最初のY君への声かけがなければ現在の自分がないことや、自分の人生は自分で変えられるとの思いに至ったと発表したS君はグランプリに輝いた。

その発表のリハーサルでS君の母親はいじめのことを初めて知った。同じようにいじめのことを知らなかった父親は受賞が決まった後、会場で「人間的に成長したな」といってS君を抱擁した。

いまS君は大学で福祉のことを学んでおり、将来は児童福祉司になっていじめを受けた子どもたちの相談に乗りたいと考えている。実は第六の習慣が何かというと「相乗効果を発揮する」ということ。諦めずに親友をつくり、いじめを克服したことで得た相乗効果の一つが、S君の人生の指針に表れているようである。

そして残る第七の習慣が「自分を磨く」ことだ。大学に入ってからS君はキャンパスで積極的に声をかけて同好の士を探し出し、鉄道サークルを立ち上げたという。そうした自分を高めようとする前向きな姿勢を持ち続けるS君なら、夢の実現に向けて着実に歩んでいくはずだ。

※すべて雑誌掲載当時

(伊藤博之=文 南雲一男=撮影 FCエデュケーション=写真提供)