高速トリビア (13) 高速管理の司令塔『道路管制センター』とは?(2)”インフラの番人”施設制御室

写真拡大

前回は高速道路の安全を支える2本柱のうち、情報を司る交通管制室について紹介しましたが、今回はもう一つの柱である施設制御室をご紹介します。

道路管制センターに設置されている施設制御室は、遠方監視制御施設で、道路やトンネルのさまざまな施設の動作と運転状況を24時間計測・監視・制御しています。

トンネル内で火災や事故が発生した場合には、さまざまな非常用設備を操作して、安全を確保し、被害の拡大を防止します。

雨量計・風向風速計・路温計・視程計などの気象観測設備や、地震計・地滑り計などを常に観測しており、定められた基準値を超えたら、関係部署へ連絡します。

大規模災害を未然に防ぐことも、施設制御室の役割の一つです。

火災が発生すると、まず火災検知器が自動的に火災を検知します。

高速道路やトンネル内に設置されたカメラからも状況を確認します。

もし走行中に火災を発見した場合には、携帯電話などでの通報だけでなく、押しボタン通報機や、トンネル内に200m間隔で設置されている非常電話も利用することができます。

火災発生が確認されたら、迅速かつ的確に避難誘導を行い、トンネル非常用設備を稼働させます。

水噴霧設備で天井から霧状の水を出して冷却、ジェットファンがトンネル内の煙を排出します。

トンネル入口情報板で、中の状況をドライバーに知らせます。

トンネル内には50m間隔で消火栓・消火器が設置されていますので、初期消火に使用して下さい。

ただし、あくまでも安全第一で、無謀な消火活動は控えて下さい。

非常電話で事故や故障の状況、負傷者の有無を交通管制室に伝えることも、被害を最小限に抑えるために役立ちます。

こうした非常時への備えだけではなく、日々の設備操作や故障監視も重要な仕事です。

高速道路に設置された設備の状況を監視し、照明の点灯やトンネル内の換気運転など、必要に応じて操作をしています。

設備の故障を監視し、故障が発生したら管理事務所と連携して修理を行います。

無駄のない効率的な運転を目指すべく、設備の稼働状態記録を分析して施設の保守支援や改善につなげています。

また故障状況を解析して、設備の延命化を図っています。

私たちが安全かつ快適に高速道路を利用できるのは、こうした地道な、不断の努力に支えられているからなのです。