(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●龐徳、二心を疑われる!
曹操軍は関羽軍に対して大苦戦している樊城の曹仁に対して于禁、龐徳を援軍として送る事を決めます。

しかし、于禁の配下には龐徳が元は蜀の馬超の配下であり更に彼の従兄である龐柔も蜀に所属しているという点から二心ありと疑う者も多くいるようです。

しかし、龐徳はその武勇を惜しんで曹操が登用した者。曹操としても龐徳の言い分を聞く事になります。

この話を聞いた龐徳は額を地面に擦りつけ傷だらけになりながら曹操に忠義を示し、出陣のときは自らの棺を作り決死の覚悟という事を示します。これにより曹操は一層龐徳を信用します。
●龐徳、関羽を追い詰めるも…
先鋒の龐徳は関羽軍の先鋒である関平と一騎打ちをします。そこで龐徳を手強い相手と判断した関平は撤退、父である関羽と後退します。

関羽と龐徳はその一騎打ちはその日で決着がつかず、翌日まで持ち越されます。翌日、龐徳は関羽の腕を弓矢で射抜きます。これは龐徳絶対優勢と思いきや、曹操軍から撤退の銅鑼の音がなります。

于禁は龐徳が関羽討伐の大殊勲を得る事を妬んだようで、龐徳は于禁のあまりの対応の悪さにやけ酒をあおります。
●龐徳、関羽を挑発する!
龐徳は関羽の陣営を攻めようとすると関羽軍はときの声や銅鑼の音で鼓舞します。しかし、関羽は一向に出てきません。その事から龐徳は関羽が重傷だと読み、一気に強襲を掛けようとしますが…。

于禁は一時撤退して守備固めをして長期戦の対応をします。明らかに于禁と龐徳の不調和が関羽に有利に働いています。
●関羽、水攻めをする!
大雨となった樊城周辺、そこで関羽は水攻めをし于禁をあっさり生け捕りにします。一方、龐徳は辛うじて水攻めを逃れるも孤立無援の小舟一艘、関羽に捕えられてしまいます。

于禁のあまりにも不甲斐無い戦いぶりに関羽も呆れ果てて首を刎ねるまでも無く牢屋に放り込みます。
●龐徳、忠義のまま死す!
関羽は龐徳の勇猛さや忠義を高く評価して彼に降伏して劉備軍への帰順を促します(龐徳は馬超の配下であるという点もあったようです)。

しかし、龐徳は曹操への忠義を最後まで貫きそのまま斬首される事になります。このことは関羽のみならず、曹操も龐徳を高く評価することになります。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第54話「玄徳 王位に即く」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第53話「名将の死」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第52話「許昌炎上」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第51話「怪物登場」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト