40〜60代に「若者応援意識」高まる。博報堂、新しい大人世代の社会意識調査

写真拡大

博報堂 エルダーナレッジ開発新しい大人文化研究所は、全国の40〜60代の男女3,708名を対象に社会意識についての調査を実施。

このほど、その調査内容の分析結果を発表した。

同研究所は人生を前向きにとらえ、若々しくありたいとする新たな40〜60代を総称して「新しい大人世代」と名づけ調査を行っている。

このほど発表した分析結果は、2011年9月9日〜10月3日にかけて行われたもの。

首都圏および全国の中小都市(※)に住む40〜60代の男女(男性1,854名、女性1,854名)が対象となった。

まず、新しい大人世代に対し、「若者世代との交流・協力」に関する意識を質問。

すると、「お互いの良さを認め合いながら交流・協力し、新しい文化・潮流を作る時代になる」という内容に7割が共感。

そして、「若者世代を応援することで、若者世代からも新しい文化・潮流が生まれる時代になる」という内容に6割が共感すると回答した。

男女の比較で見ると、より女性の方がこの傾向が強く、年代別で見ると、上の年代になるほど傾向が強いことが分かった。

また、新しい大人世代に地域についての意識を尋ねたところ、「地域の伝統を大切にすること」に7割が共感すると回答。

「自分の行動が地域の利益につながること」に5割が共感すると答えた。

地域など身近な生活圏を尊重し、コミュニティーに貢献することに重きを置く“地に着いた社会性”を有していることが分かる。

続いて、「社会的なテーマに有効な商品・サービスを生活に取り入れること」に前向きな人は6割。

消費やサービス利用においても社会性を忘れない、新しい大人世代の高い社会意識がうかがえる。

また、「社会や世の中の仕組みに頼らずに自ら自分や家族を守ること」に共感する人が5割に上った。

既存の社会制度や仕組みに頼らずに自ら行動しようとする、自立した意識をもつ人が多いようだ。

※北海道札幌市、宮城県仙台市、新潟県新潟市、静岡県静岡市、浜松市、愛知県名古屋市、京都府京都市、大阪府大阪市、堺市、兵庫県神戸市、広島県広島市、福岡県北九州市 、福岡市、岩手県、宮城県、福島県を除く全地域