ヤマハ、オフテイストのスクーター「BW′S」の新型「YW50F」を発表

写真拡大

ヤマハ発動機は4日、オフテイストのファッションスクーター「BW'S(ビーウィズ)」の新型「YW50F」(原付1種)を10月1日に発売すると発表した。

価格は22万5,750円。

今回発表された新型は、1988年に発売された初代「BW'S」の備えていたイメージを現代に再現しながら、走行性、収納性、環境性能等のベストバランスを実現した製品とのこと。

エンジンには、燃料供給には始動性と環境性能に優れるFIを装備した、水冷・4ストローク・SOHC・3バルブエンジン(49cc)を搭載。

また、グリップ特性に優れた120mm幅広ファットタイヤと、180mm径のウェーブ形状ディスクブレーキを前後に採用している。

そのほか、幅広バーハンドルとゆったりとしたシート&フットスペース、リアキャリアと一体式のスタンディングハンドル、約23リットル容量のシート下ヘルメットボックス、フロントのインナーポケットと折りたたみ式コンビニフック、ハンドルと別体式のスポーティなメーターパネル、盗難を抑止するキーシャッターなどを装備する。