【男性編】これはすごい!と思ったアイデア商品ランキング


生活が変わってしまうかも





通販番組などを見ると思わず欲しい! と思ってしまう便利なアイデア商品がたくさんありますよね。一瞬で消えてしまうものから長年にわたって売れ続けるものまでさまざまですが、本当に便利なものも多いです。そこで今回は、マイナビニュース会員の男性392名に、これはすごい! と思ったアイデア商品について聞きました。





Q.これはすごい! と思ったアイデア商品を教えてください(複数回答)

1位 汚れが何でも落ちるスポンジ 25.3%

2位 お掃除ロボット 19.1%

3位 焦げ付かないフライパン 13.3%

4位 絞ってすぐに乾くタオル 8.2%

5位 手回し発電ラジオ付きライト 6.9%







■汚れが何でも落ちるスポンジ

・「高校のときにバイト先で初めてつかって、ずっとそれで掃除していました」(29歳/通信/事務系専門職)

・「つやを必要とするもの以外に何でも使え、洗剤の皮膚病で10年以上苦労した私には画期的商品」(44歳/その他)

・「茶渋や台所のこびりついた汚れなど、苦戦していたところの汚れが簡単に落ちて驚いた」(41歳/情報・IT/技術職)





■お掃除ロボット

・「お掃除ロボットはペットのような存在で、かわいく感じる」(27歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「壁や段差を感知したり、設定できるのがすごいと思った」(23歳/警備・メンテナンス/営業職)

・「以前から欲しい欲しいと思っている。使っている人の感想を聞くとぞうきんをかけたみたいにぴかぴかになるとのこと。ぜひとも欲しい」(35歳/情報・IT/技術職)





■焦げ付かないフライパン

・「一人暮らしのときは大変お世話になりました」(44歳/医療・福祉/専門職)

・「フライパンは大助かり。しかし寿命にはまだ不満」(28歳/その他)

・「フッ素加工してある焦げ付かないフライパンは後片付けのイライラをなくしてくれる本当に優れモノだと思う。料理も楽しくなって最高です」(24歳/不動産/営業職)





■絞ってすぐに乾くタオル

・「洗車した後のふき取りに、普通のタオルや布を使うと、なかなか水気がきれいにとれない。車を買ったときについていた洗車キット付属のタオルを使って水気を絞るとすぐ乾いてどんどん水気がとれてしまって驚いた」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「窓掃除に便利だから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「バックパッカー旅行でなかなか乾かす場所がないときに重宝した」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■手回し発電ラジオ付きライト

・「電池がいらないのはとても便利。ライトとラジオが一つになっているなんて」(26歳/機械・精密機器/技術職)

・「災害対策には欠かせないアイテムなのでありがたい」(34歳/金融・証券/営業職)

・「現場を考えた実用性のある商品だと思う」(25歳/食品・飲料/技術職)





■番外編:本当にさまざまなグッズがあるのですね

・包丁を使わずに皮がむけるグローブジャガイモ「じゃがいもの皮が簡単にむける」(33歳/ソフトウェア/技術職)

・毛穴汚れを押し出して取ることのできるスティック「小鼻の毛穴の汚れがにゅるにゅるととれて爽快(そうかい)感がある」(33歳/電機/営業職)

・履いているだけでダイエットできる靴「いいなあと思ったが女性用しかなかった。男性用でビジネスシューズにもなるダイエットシューズがあればほしい」(34歳/ソフトウェア/技術職)





総評

1位は「汚れがなんでも落ちるスポンジ」でした。まったく落ちなかった汚れがすぐに落ちたという驚きの声が圧倒的です。実際に使ってみたことがありますが、たしかにびっくりするほど汚れが落ちましたね。おまけに価格も安く、掃除の定番アイテムです。





2位の「お掃除ロボット」もかなりの得票です。まだ高価なので持っていないけれどぜひとも使ってみたいという人が多いのが特徴でした。使ってみた人は満足しているという回答ばかり。





3位の「焦げ付かないフライパン」は、料理好きの男性からの支持を得てランクイン。なかなか落ちない焦げ付きから解放されるのはありがたいことです。ランク外からピックアップすると「すべらないハンガー」がやや目立ちます。もはやクラシックと言っても過言ではない「高枝切りバサミ」も根強い支持がありました。





これからもきっとさまざまな商品が出てきますが、便利なものが増えると本当にありがたいですね。開発した人には感謝です。

(文・OFFICE-SANGA 塩田純一)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性392名

調査方法:インターネットログイン式アンケート