ガリガリ君のコンポタ味を溶かしたらスープになるのか

写真拡大

ガリガリ君”史上最大の挑戦”として4日に発売された「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」(126円)。

発売前からネットでも話題沸騰の同商品、アイスとコーンポタージュという衝撃の組み合わせを実際に味わってみた。

アイス売り場でパッケージの「コーンポタージュ」の文字が異彩を放っていた。

コーンポタージュをおいしそうに食べるガリガリ君がプリントされている。

中身を取り出してみると、アイスバーは濃い黄色。

コーンポタージュ味のアイスキャンディーがコーンポタージュ味のかき氷を包んでいる。

かき氷の中にはつぶつぶコーンも。

これは北海道の厳選されたスーパースイートコーンなのだそうだ。

恐る恐る食べてみた感想は……、意外にいける! 甘さはあるものの、目を閉じて口の中で溶かすと冷製コーンスープのようにも感じられる。

アイスキャンディーの”ガリガリ”、かき氷の”シャリシャリ”とした食感が感じられるのに、濃いコーンポタージュ味というのが新鮮だ。

コーンポタージュ味なのだから当たり前なのかもしれないが、コーンのつぶつぶ感もよくなじんでいる。

もしかして、このアイスを溶かしたらコーンポタージュになるのでは……? そう思って、溶かしてみた。

お皿に入れて崩してみると、見た目はスープに見えなくもない。

少し溶けたところでスプーンですくって飲む。

先ほどのアイスを溶かしただけなので、これもけっこういける。

さらにコーンポタージュ感を高めるために、電子レンジで温めてみた。

当然のことながら、見た目のスープ感がグッと増した。

これはいけそうだ。

と、思いきや、飲んでみたら甘すぎてびっくり。

冷たさで感じにくくなっていた甘さが前面に出てきたせいか、コーンポタージュからはかけ離れてしまった。

この食べ方はあまりおすすめできない。

やってみて、「ガリガリ君リッチコーンポタージュ」は溶かさないでそのまま食べたほうがいい、という結論を得た。

おやつになるかおかずになるか。

この新感覚アイス、試してみてほしい。