カフェグローブ、メディアジーンとインフォバーンに事業譲渡

写真拡大

 メディアジーンが9月4日、破産手続きを開始していたカフェグローブ・ドット・コムのメディア事業を譲り受けることを発表した。「ギズモード」や「マイロハス」など7つのサイトを運営しているメディアジーンは、新たなターゲットのメディア事業としてファッション・ビューティーサイト「cafeglobe.com」の再生を図る。なお、カフェグローブ・ドット・コムのWebソリューション事業は、同日付けでメディアジーンのグループ会社インフォバーンに譲渡されている。 カフェグローブが事業譲渡し再生の画像を拡大

 準自己破産を申し立てたカフェグローブ・ドット・コムは、8月10日付けで東京地方裁判所から破産手続き開始の決定を受けた。その後も「cafeglobe.com」の運営は継続されていたが、メディアジーンおよびインフォバーンとの間で8月31日に事業譲渡契約を締結。9月4日付けで「cafeglobe.com」の運営とWebソリューション事業が両社に譲渡された。 2008年設立のメディアジーンは、新しい形のメディアの創出を目指しているメディア企業。40代女性向けの「cafeglobe.com」を譲り受けることによりメディアジーン全体では8媒体、そのうち女性をターゲットとした媒体は20代向けの「マイスピ」、30代向けの「マイロハス」に加えて3媒体となり、幅広い読者層をカバー。メディアジーンおよびインフォバーンはこれまで培ってきたノウハウを投入し、メディア事業とWebソリューション事業を有機的・複合的に展開することによって、両事業の早期の黒字化を図るとしている。