”バツあり”がモテてる!? 恋愛市場の新勢力

写真拡大

離婚経験のある「バツあり男子」や「バツあり女子」。

近頃、恋愛市場において彼ら彼女らの存在感が増しているようだ。

厚生労働省の「平成23年(2011)人口動態統計」によると、2011年の離婚件数は23万5,000組(人口1,000に対して1.86人と推測される)。

離婚件数はここ数年減少を続けているが、約20年前の1年間の離婚件数が15万組余りだったのに比べると、まだまだ高い数値だ。

同年の婚姻件数は67万組(1,000人に対して5.3人と推測される)なので、単純に数字だけ見ると 100人が結婚するあいだに約35人が離婚していることになる。

これはすごい数。

バツあり男子やバツあり女子がそうとうな数いることになる。

最近では、結婚相手の条件に”バツなし”を入れる人は少なくなっているとも聞く。

それどころか、ノッツェ調べによると、女性の場合は半数近くが「バツあり(離婚経験者)のほうがいい」という結果になっている(詳しくは『「理想の結婚相手は”三高”より”三平” - だが、女性が男性に求める年収682万円」』を見ていただきたい)。

たしかにバツありの人は、結果的に離婚してしまったとはいえ、結婚とそれに至る恋愛経験のある人。

誰かと恋愛して、一度は結婚相手として誰かの一番に選ばれたほどの魅力があるといえる。

結婚相手として、バツあり男子、バツあり女子を望むようになったのはどうしてなのか――。

恋愛カウンセラーの坂田陽子さんに話を聞いた。

「(離婚経験がある男性(もしくは女性)を結婚相手として望む人は、)一度”離婚”の経験=婚姻生活の失敗があれば、それを反面教師として『同じ轍(てつ)を踏まないであろう』『同じ失敗は繰り返さないであろう』と考えているのかもしれません」「または、昨今の離婚率の状況から考えるに、バツなしを婚姻の条件にしていては結婚にあぶれる可能性があるため、結婚相手の条件として、バツなしに固執しないようになってきたのではないかとも考えます。

バツありの男性(または女性)に対して抵抗感が薄れてきたのではないかとも思います」「それに、相手がバツ1ならば、誰だってバツ2にはなりたくないはずですので、離婚しないよう大切にしてくれる可能性もありますよね(笑)」