ニコニコ静画から誕生した連載マンガ初のアニメ化!『戦勇。』2013年より放送開始

写真拡大

ドワンゴは、自社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」の公式動画配信サイト「ニコニコチャンネル」にて2013年1月よりアニメ『戦勇。

』を放送することを発表した。

『戦勇。

』は、春原ロビンソン氏が「ニコニコ静画」で2010年8月から連載を開始したウェブマンガで、全31話からなる大人気作品。

その続編である『戦勇。

第二章』は2011年7月1日からスタートし、現在も毎週金曜日更新(毎月第1金曜日休載)で「ニコニコ静画」、および『ジャンプSQ.』(2012年5月発売より)で連載されている。

本作は、ニコニコ静画から誕生した連載マンガでは初のアニメ化作品となる。

今回の発表にあたり、キャスト情報も一部発表となり、新米勇者アルバを下野紘、ドSな王宮戦士ロスを中村悠一が担当することも明らかとなった。

アニメ『戦勇。

』は、ある日穴があいてしまい、魔王が復活してしまった世界が舞台。

バトルあり、笑いあり、感動ありの本格ギャグファンタジーで、勇者の子孫75人のうち5番目の勇者アルバと王宮戦士ロスによる戦士と勇者の魔王討伐記を描いている。