外国人から見た日本 (40) 母国の受験事情

写真拡大

日本は幼稚園のお受験から大学入試まであるので、多い人だと、幼、小、中、高、大と5回受験したという方もいるかと思います。

では、海外ではどのような感じなのでしょうか? 今回は外国人20人に「母国の受験事情」について聞いてみました。

・まず幼稚園の受験は無いと思います。

また、小中は一貫校が多く、受験制度はないでしょう。

ただ、人気のある学校だったら受験があります。

大学になると受験があります。

(ブラジル/女性/50代前半)ちなみに、ブラジルの公立大は学費が無料。

勉強をするために負担をかけなくていいというのはいいですね。

・大学は入るのが簡単ですが、出るのは難しいから、たくさん勉強する(マリ/男性/30代前半)日本は逆ですよね。

大学に入るのには難しく、希望の大学に入るために何浪もしますが、出るときに落とされるのは、よほどですよね。

それよりも、就職のほうが苦労します。

・中国では受験勉強を学校で行い、学校の先生は長時間にわたり生徒の対応をします。

また、生徒全員が学校で自習することも多いです(中国/女性/30代後半)中国の受験事情も大変そうです。

・受験は美大や音大以外にはありません。

高校を卒業する時の成績が一番重要になります。

最近は教育熱心な親が増えているとはいえ、日本のように塾や家庭教師はあまり普及していません(ドイツ/男性/30代後半)ドイツは受験制度はないんですね。

・特に大学受験は人生の一大事ともいえる(韓国/女性/30代後半)韓国の大学受験は本当に一大事で、車通勤の人は出勤時間を遅らせたり、遅刻しそうな受験生を警察が会場まで送ったりと、気を使います。

シーズンになるとテレビでも見ますよね。

・日本の大学受験は、いろいろな大学を受けることができますが、母国の国立大の場合はセンター試験の点数順で希望大学を選ぶので、年に1回しか受けられません(シリア/男性/30代前半)日本の国公立大の場合、前期、中期、後期と最大で3回チャンスがあります。

私立なら、それ以上受験できる場合も。

国によって受験事情が大きく違うことがわかりました。

日本の大学入試制度も世界から見ると、ユニークな制度かもしれませんね。