奈良にうまいもんなしとは言わせない! 全国をめざす「大和焼きそうめん」

写真拡大

歴史の町・奈良では、2011年より奈良のB級グルメNo.1を決める「ならB級グルメ決定戦」を開催している。

その初代王者となったメニューは、なんと総得票数の約半分を獲得して圧勝した絶品メニューだとか。

東大寺などの世界遺産ばかりが注目され、名産品やおいしいものが少ないと言われがちな奈良。

そんな奈良で生まれた激ウマB級グルメとは一体どんなものなのだろうか?奈良県民に聞き込み調査したところ、ある料理の名前が挙がった。

その名は「大和焼きそうめん」。

焼きそうめんと聞くと沖縄県の名物料理をイメージしてしまう。

しかし、県民によると「普通のそうめんを焼いたものではないし、ソーメンチャンプルーでもない、パスタのようなおいしい麺料理」だと言う。

期待に胸を膨らませながら、うわさの大和焼きそうめんを開発した「目茶旨地鳥焼家 ごちどり 新大宮店」に出向き、そのそうめんの正体とおいしさの秘密を聞いた。

奈良県桜井市周辺の特産品「三輪そうめん」と奈良県唯一の地鶏「大和肉鶏」を絶妙なバランスでコラボレーションさせた料理。

それこそが、初代「ならB級グルメグランプリ王者」に君臨する大和焼きそうめん(580円)だ。

原料を聞いただけでも、まさに奈良尽くしの逸品であることが分かるだろうが、その味わいがまたすごいのだ。

なんせ、スルスルッと喉を通る細麺が特徴の三輪そうめんに、あっさりしていながらクリーミーな味わいが特徴の100%大和肉鶏スープが絶妙に絡む。

後をひく強いうまみがぎっしりで、リピーターが続出というのも納得できる。

開発者の「奈良にもおいしい料理があるということを皆さんに知っていただきたい」という思いから誕生したという大和焼きそうめん。

特別に厳選した大和肉鶏を毎朝さばくことで鮮度にこだわり、より味が染み込むようにとそうめんは生のものを使用している。

固めにゆで上げ、そこに7時間コトコト煮込んだスープと秘伝のスパイスを絡ませて作る。

「昔からの調理法に倣い、当たり前のことを真面目にやっているだけ」と謙遜するが、料理人のおいしさへのこだわりと、手間暇がかかっているからこそ完成する逸品なのだ。

「ならB級グルメ決定戦」で優勝した「ごちどり 新大宮店」の栄光をたたえ、「大和焼きそうめん」を奈良のご当地グルメに認定された。

B級グルメの王者を競う本家である「B-1グランプリ」に奈良県から初挑戦してはどうか? という話が持ち上がったという。

しかし、B-1グランプリに出場するためには、B-1グランプリの正会員ならねばならないなど厳しい条件がある。

このことから、B-1グランプリ出場は一時暗礁に乗り上げていた。

現在は奈良市の協力などもあり、奈良県内で「大和焼きそうめん」をメニューに取り入れた店が多数出てきたことから、出場できる可能性が高まってきたという。

ところで、今や奈良市のお墨付きまでもらっている「大和焼きそうめん」であるが、実は家庭料理から生まれたものだという。

「焼きそうめんは家でよく作ってもらっていたメニューなんです。

それをベースに試行錯誤を重ねた結果、大和肉鶏のうまみと合わせることを思いついたのです」と開発者の笹井マネジャーがルーツを明かしてくれた。

そうめんが特産品で、家庭には必ず買い置きがある奈良県ならではの逸話だ。

店では、今や月に約1,000食も注文されるという大人気メニューとなっており、年齢、性別を問わずに多くのお客さんに愛されている。

コラーゲン豊富なスープや、抗疲労成分を含有する大和肉鶏とたっぷりの野菜が使われているため、女性のお客さんには特に喜ばれているという。

「奈良にうまいもんなし。

とはもう言わせない! 奈良にはまだまだおいしい食材や料理がたくさんあるということを全国の皆さんに知っていただけるように頑張ります!」本家B-1グランプリ優勝の可能性も十分にある、奈良県の新ご当地料理大和焼きそうめん。

奈良を訪れた際には、2012年「ならB級グルメ決定戦」第3位に選ばれた「シンデレラチキン目茶旨唐揚げ」や、大和肉鶏の旨さを最大限に引き出した「ももタタキ」などとともに、ぜひその味をご堪能あれ。

●information「目茶旨地鳥焼家 ごちどり 新大宮店」創業:平成15年6月住 所:奈良県奈良市大宮町6-9-4アクセス:近鉄奈良線新大宮駅から南へ。

徒歩1分営業時間:17:00〜翌2:00(LO1:00、日祝は〜24:00(LO23:30))定休日:無休