東レ経営研究所 佐々木常夫氏

写真拡大

2012年7月17日(日本時間)にプレジデント連載「コヴィー博士のビジネス問答」の執筆者であり全世界2000万部の『7つの習慣』著者であるコヴィー博士が亡くなった。博士の功績を称え、ここに追悼する。

■人間の成功は、先天的な要素より
後天的な努力でほとんど決まるんです

コヴィー氏の『7つの習慣』は、私がいままで読んだビジネスの指南書では最高傑作の一つです。彼が挙げている7項目の習慣を表面的にとらえ「あたりまえのことだ」と評する人もいるようですが、とんでもない。ちゃんと読めば、そこに時代を超えた成功の法則があることがわかります。

私はこれまで、40代と60代で2度通読しています。やはり読書は、人生の経験を重ねるとともに、読み方や感銘も深化していくものです。2度目のころ私は、家族と仕事についての本『ビッグツリー』を書くために自分の考えを整理していました。その参考に読み進むうちに、私とコヴィー氏の価値観が似ていると気づきました。

例えば、第一の習慣「主体性を発揮する」のところに「人生の責任を引き受ける」とあります。私も同様に「運命を引き受けなさい。それが、生きるということです」と語ってきました。主体性を持った生き方とは、自分が置かれた条件や環境のなかで志を持ち、不断の努力をしていくことです。

そのときに必要なのが、よい習慣の実践と継続。そうすれば、コヴィー氏が説くように「依存から自立へ、そして自立から相互依存へと成長していく」のです。ここでいう相互依存とは周囲との信頼関係を意味します。私も「よい習慣は、才能を超える」と主張していますが、彼のいう7つの習慣こそ“よい習慣”そのものでしょう。

続く第二の習慣「目的を持って始める」と第三の「重要事項を優先する」も体得していくことが大切です。なぜなら私は、人間の成功は先天的な要素よりも後天的な努力でかなりの部分が決定すると考えるからです。

コヴィー氏も本で明らかにしていますが、7つのうち3番目までは、自己克服と自制に関連した私的成功のための習慣です。第四の習慣「Win‐Winを考える」と第五の「理解してから理解される」、第六の「相乗効果を発揮する」は、人間関係や組織での活躍など、よりレベルの高い公的成功といえます。

このことは、マズローの「欲求五段階説」に当てはめると理解できるでしょう。私たちはまず、空腹を満たし、安全に生活するために働く。しかしやがて、仲間が欲しいという社会欲求、尊敬されたいという欲求が出て、最後は自己実現が目的です。この社会欲求から上を満たすためには、コヴィー氏の示す公的成功が必須になります。

会社では、課とか部が集団で仕事をします。そして、当然のことですが成果を挙げなければなりません。その際、リーダーである課長や部長に求められるのが部下や得意先との良好な関係づくりです。そのためには、相手の立場を深く考えるべきです。そうすれば、双方が満足のいくやり方が見つかり、協力も得られることでしょう。

これこそWin‐Winの関係にほかなりません。部門を活性化させ、自分自身も評価され、双方が幸せになれるわけです。私は、これこそ働くことの真の意義だと思います。あえていえば、自己実現が個人の満足の範囲に止まってしまうとすれば、周囲に理解と相乗効果を生む生き方は、より自分を磨き、成長させることは間違いありません。

その意味で、数年前に読んだケント・M・キース氏が著した『それでもなお、人を愛しなさい』の指摘は強烈でした。そこには、人生の意味を見つけるために「人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。それでもなお、人を愛しなさい」とありました。

確かに、私が人を好きになれば、その人も私を好きになり、信頼してくれますから、なるべく多くの人を好きになるほうがいい。とはいえ10人のうち1人ぐらいは虫の好かない人物もいます。しかし、キース氏は「それでもなお」と、さらに踏み出していく。そうすることで自分が磨かれます。

よく、7つの習慣のなかでどれが一番大事かと聞かれますが、優先順位をつける必要はありません。それぞれの立場や境遇で、欠けていると感じたことを強化してもいいし、複数の習慣化を並行して進めてもいいでしょう。

私が“磨く”といっている概念と、コヴィー氏が第七の習慣とした「刃を研ぐ」は非常に近い。彼は「自然から授かった4つの側面〈肉体的側面、精神的側面、知的側面、社会・情緒的側面〉のそれぞれを再新再生させていくこと」だと書いています。そして、これらの能力をリフレッシュさせることはもちろん大切だが、この4つをバランスよく研ぐことによって、はじめて最大限の効果を発揮するともいっています。

ところで、私の最初の座右の書になったのは、20年以上も前に読んだ『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』でした。製薬会社などの経営で成功を収めた著者のキングスレイ・ウォード氏が、同じく企業家をめざす息子に、会社での人間関係や部下とのコミュニケーションなどを教えている。

その一方で、友人との付き合い方とか結婚の心がまえといった人生で遭遇する場面に言及してもいます。私は6歳で父を亡くしていますから「父とはこんなにやさしいのか、そしてこんなにも偉大なのか」と感動しました。

コヴィー氏の『7つの習慣』とウォード氏の本に共通しているのは、ビジネススキルあるいは机上の知識だけでなく人生の原則が説かれていることです。その原則とは時や場所を問わず存在し、変わらないものです。だからこそ、読む人に訴えかけてくる力が強いのではないでしょうか……。

さて、残念なことにコヴィー氏は他界されました。けれども、彼が遺した数々の名言は色褪せることはありません。幸い、私たちはそれを書籍という形で手に取ることができます。

コヴィー氏が「この本は、一度通読しただけで本棚にしまい込んでおくようなものではないと考えてほしい。なぜなら、この本は変化と成長のプロセスを通して繰り返し参考にできるように書いているからである」と記しているとおりです。折に触れて読み返せば、豊かな人生を送るための肥やしになるのではありませんか。

※すべて雑誌掲載当時

(岡村繁雄=構成 小倉和徳=撮影)