半数以上が通夜式も告別式もしない直葬を選択-葬儀総研7月度

写真拡大

WEB集客型葬儀サービスを提供するユニクエスト・オンラインは、このたび「葬儀に関する調査報告(7月度版)」を作成した。

調査は同社サービス「小さなお葬式」の利用者のデータを元に分析している。

調査期間は7月1日から7月31日。

まず、「直葬の選択率」では、52.6%の人が、通夜式も告別式もしない直葬(葬式をせず、火葬だけをすることを指す)を選択。

同社サービス利用者の半数以上が、従来の葬儀ではなく「直葬」プランを選択している結果となった。

また、「初回問い合わせから依頼までのタイムラグ」では、44.4%の人が、初回問い合わせから葬儀依頼(臨終)まで「24時間以内」と回答。

葬儀社を選定する時間も非常に短いという結果が出ている。

さらに「寺院の手配率」では、47.6%の人が、葬儀の際に寺院の紹介を同社へ依頼。

都市部に移住するなどの理由から、日頃から寺院との付き合いが無い人が増えている傾向にあることが分かる。