新潟県は焼きそばで「全黒制歯」を狙っている!?

写真拡大

新潟県の糸魚川市近辺では、真っ黒な麺を使った焼きそばが評判だとか。

果たしてその正体はいかに。

今回、そのうわさの出どころである糸魚川市で、ブラック焼きそばの正体を探ってみた。

この糸魚川市、場所は新潟県最西端の海に面したところに位置している。

早速、街を散策するとそこらじゅうに「ブラック焼きそば」の旗ざしものがある。

なるほど、街をあげてブラック焼きそばなるものを広めようとしているようだ。

早速、持参のiPadで評判を検索。

すると「糸魚川うまいもん会」公式HPなるものを発見した。

恐る恐るのぞいてみると、そこには「めざせ! 全黒制歯」という秀逸なキャッチコピー。

糸魚川ブラック焼きそばのゆるキャラ「ブラック番長」なるものも存在するようだ。

なんと、その姿は学ランを着ているイカ。

きっと学ランはイカスミを表現しているのだろう。

何はともあれ、まずはHPで紹介されていた「月徳飯店」というお店に行ってみることにした。

この店は日本海に面した場所にあり、「日本海のよこはま」をキャッチコピーにするくらいの本格的な中華料理店。

厳かな装飾の店内に落ち着きなく入店したせいか、店員からはいぶかしんだような視線を浴びてしまう。

高ぶる気持ちを何とか抑え込み、かすれた声で「ぶ、ブラック焼きそばをひとつ!」と注文する。

厨房(ちゅうぼう)からは、フライパンで炒める音とともに香ばしいにおいが漂ってくる。

さすが本格的な中華料理店、たとえB級メニューでも手抜かりはないらしい。

やがて、香ばしいにおいとはミスマッチなB級グルメ臭たっぷりの焼きそばが運ばれてきた。

予想通り、真っ黒な麺の焼きそばが、皿からあふれんばかりに盛られている。

トッピングは薄焼きたまごにマヨネーズ、ケチャップ、青のり、紅ショウガ。

赤と黒のコントラストが、この地にはせた上杉謙信とそのライバル、武田信玄の映画をほうふつさせる。

早速食べてみると、卵のプルプル感と腰のある黒い麺が絡まることでとてもマイルドだ。

見た目のインパクトのある色味からは想像できない、優しい味という意外な展開となった。

また、イカスミ特有の生臭さは、炒めることによって軽減されているのだろうか。

ちなみに月徳飯店系列のお店には、黒酢をかけたものや目玉焼きをのせたものもあり、同じブラックでも大きく差別化を図っている。

もう一軒、注目したのは「食べ処なかしま」だ。

ここはいわゆるラーメン屋さん。

この店のラーメンも非常においしいとのことだが、今回はブラック焼きそばの調査。

ラーメンは次の機会に探るとする。

店の雰囲気はと言うと、月徳飯店とは一転して厳かさはない。

いかにもB級グルメを出す店という雰囲気すら漂っている。

早速ブラック焼きそばを注文する。

すると、驚くことに皿の上は黒一色。

薄焼きたまごは乗ってなく、真っ黒な焼きそばがどんとさらに盛られているのだ。

どこを見てもブラック、ブラック。

皿の端に、申し訳なさそう程度の紅ショウガ。

たしかにニンジンやキャベツをふんだんに使ってこそいるのだが、言うなれば「男のブラック!」。

飛雄馬の後ろ姿をそっと見守る姉の明子のように添えられている紅ショウガが、どこか物悲しい。

ただし、味は保証付き。

どぎついブラックとは対照的に、マイルドで優しい味付けだった。

一度ゆでた麺を炒めて出す手法で、絶妙な歯触りを再現する。

●information「食べ処なかしま」新潟県糸魚川市中央2-16-10営業時間:11:00〜21:00(火曜日定休日)聞くところによると「糸魚川ブラック焼きそば」は、食による地域活性化に取り組む飲食店の有志「糸魚川うまいもん会」が発起。