昭和の残像 鉄道懐古写真 (61) 旧型国電の「幽霊列車」現る! その行先は…

写真拡大

行先不明の列車がホームに滑り込む。

薄汚れた茶色の電車に、乗客の姿はゼロ。

数分後、ひっそりとどこかへ走り去っていく。

まるで「幽霊列車」のように……。

72系が次々と引退した1978〜1980年にかけて、首都圏の主要駅で目撃された光景です。

この「幽霊列車」の名は「廃車回送」。

終着駅は大船工場(当時)。

到着後は工場内での解体が待っていました。

そう、「幽霊列車」の行先は「墓場」だったのです。

今回は、鶴見線から72系が引退してから約8カ月後に運転された「廃車回送」の様子を紹介します。

1980(昭和55)年1月20日、首都圏最後の72系が鶴見線から引退しました(当連載第42回「首都圏最後の”73形”が走った鶴見線」参照)。

101系に置き換えられた72系は次々と廃車・解体となりましたが、一部の車両は大船工場での解体スケジュールの影響もあり、解体されるまでの間、横浜線橋本駅電留線に留置されていました。

ピーク時には3連が4本、計12両が”解体待ち”をしていました。

それから約8カ月後の1980年9月、橋本駅の電留線から72系最後の廃車回送が行われました。

この廃車回送は、橋本駅から横浜線経由で東神奈川駅へ、そして京浜東北線経由で大船駅から大船工場へ、というルートで運転されました。

途中、時間調整のため、主要駅で数分の停車があり、なにも知らない一般の利用者がこれに遭遇してびっくりしていました。

この日のことはあまりはっきりと覚えていないのですが、どうやら東神奈川駅で撮影を打ち切ったようです。

別の日に撮影した写真で、鶴見線72系の廃車回送が大船駅に到着するシーンをとらえたものがありましたので、そちらもご覧ください。

鶴見線72系の廃車回送ルートは複雑で、弁天橋電車区を出発後、浜川崎・新鶴見を経て品鶴線や山手貨物線を走行し、新宿駅や品川駅で折り返しました。

103系全盛の山手線主要駅に突然現れた茶色の旧型国電に、その場に居合わせた人たちはさぞ驚いたことでしょう。