ミニサイズの結婚指輪をペンダントに! 「小輪(こりん)」新サイトオープン

写真拡大

京都発のジュエラー「俄 NIWAKA(にわか)」は、「俄 ブライダルコレクション」の結婚指輪を、ミニサイズにした人気のシリーズ「小輪(こりん)」の新サイトをオープンした。

「小輪(こりん)」はチェーンを通せばペンダントになり、組みひもをつければブレスレットとして使えるジュエリー。

結婚記念日のプレゼントや、子どもが誕生した記念品、頑張った自分へのご褒美などにおすすめとのこと。

また、「結婚指輪を着用しない彼にペアでしてほしい」「仕事柄、指輪ができないので、代わりのジュエリーがほしい」という場合にも適しているという。

リングのデザインは数十種類もの中から選択でき、マテリアルもハードプラチナなど4種類から自由に選ぶことが可能。

俄の結婚指輪や小輪には、「初桜(ういざくら)」、「結(ゆい)」、「絆(きずな)」、「星ノ音(ほしのね)」、「唐花(からはな)」、「花麗(はなうらら)」などひとつひとつに名前がある。

その名前に合ったストーリーがそれぞれに込められてる。

「初桜 UIZAKURA」は、出会った頃の初々しい気持ちを薄紅の桜でイメージ。

花を支える桜の幹を表現している。

価格は1万8,900円〜。

「結 YUI」は、ふたりの固い絆を「結び」という形で表現している。

ゆるやかなカーブに結ばれたメレダイアモンドが特徴で、丸みのあるデザインが優しい印象を与える。

価格は2万4,150円〜。