【優待の裏ワザ1】『ネットマネー』編集部員が自腹でウワサの「優待クロス取引」をやってみました!(前編)
相場が悪いときは配当や株主優待をもらって地味〜に楽しむのが一番!特に9月はオイシイ株主優待付き銘柄の権利確定日が集中しているからファンならずともガンガン取得したいところだ。そこで今月は、マニア10人に「優待の裏ワザ」を徹底取材。銘柄ごとの優待内容は今やネットで検索できるから、ひたすら裏ワザ!上級ワザのクロス取引にも編集部員が挑戦‼


そもそも優待クロス取引ってナンダ!?
優待株の「現物買い+信用売り」=株価変動リスクゼロで優待ゲット!

株主優待銘柄は「権利付き最終日」を過ぎると優待や配当の権利がなくなった分、株価が下落しやすい。せっかく優待と配当をゲットしても、それ以上に株価が下落してしまったら元も子もない。

そこで権利付き最終日に現物株を買い、同時に信用取引を使って同じ銘柄を同じ株数だけ信用売り。株価変動の影響を受けずに優待の権利だけを手にする手法が「優待クロス取引」だ。翌営業日の権利落ち日に、信用売りで借りた株の返済のために現物株を差し出す「品渡し(現渡し)」することで取引は終了する。

かかるコストは現物買いと信用売りの売買手数料、信用売りの貸株料などに加えて、高額な「逆日歩」が発生することもある。

クロス取引の最大のメリットは、限られた資金を有効活用し、月々の優待権利を次々にゲットできること。資産効率が抜群ということで、優待ファンが愛用している。





クロス取引は口座に30万円以上入っていないとできない!

[タケ] 優待株の取材をしていると、幸せそうな優待セレブさんに会う機会が多いよね〜。

[麗香] そこで今回は優待株ファン御用達のクロス取引に初挑戦。解説役はカブドットコム証券の臼田琢美さん!

[臼田] クロス取引には信用口座が必要。開きました?

[タケ] すでにバッチリ開設済みっすよ。ホラホラ〜。

[麗香] あれっ、信用取引買い付け可能額0円、ゼロ円ッ!

[タケ] ウンガァウングゥ!?(動揺して声にならず)

[臼田] これはクロス取引以前の問題、信用取引のイロハのイですね〜。信用取引をするには口座に最低30万円の保証金が入っていないとダメです。

[麗香] アンタ、何年マネー誌の編集者やってんのよ。今すぐ銀行ATMへダッシュ!(タケが追加資金を振り込みに行ってる間、しばし休憩)

[タケ] ボ、ボクの失敗はなかったことにして、優待株選びスタート! 麗香さんと違ってボク健康志向なんで、お豆腐の篠崎屋が気になるな〜。

[臼田] う〜ん、この銘柄は板情報を見てもわかるように、流動性が低くて売り注文と買い注文の株価が離れすぎているからパスですね。クロス取引は買値と売値をなるべく同じにするのが基本ですよ。

[麗香] じゃあ、どの銘柄が予算内か、投資金額や優待内容を権利月ごとに検索できるカブコムの「株主優待一覧」でチェックしたら?

[臼田] 株主優待というと自社商品券が定番ですが、割引優待もおトク。9月優待ではないけど、たとえばサンマルクだと、サンマルクカフェの利用料金が20%オフになる年間優待カードがもらえる。よく利用するならメリット大!

[麗香] 確かに。でも、タケの大失敗で時間もないので、ここは健康志向のカゴメでどう?

[タケ] それ、いいカゴメ……かもね。(一同無言)



【先生はこの方!】臼田琢美さん カブドットコム証券

ネット証券創生期から業界を見続けてきた。「逆指値」など画期的サービスを提案した株式投資の大啓蒙家だ。


【自腹切りました】タケチャンマン

永遠の“ネットマネー1年生”。自腹投資では本来、低位株が好みだが、今回は優待株のクロス取引に初挑戦。


【監視役は】綾小路麗香

編集部で最も恐れられている自称「美人のお嬢さま」。タケを下僕のように扱う。株の取材歴は10年超だが、トレードは……。


―--
この記事は「WEBネットマネー2012年10月号」に掲載されたものです。