EMODA トップモデル ミランダ・カーを広告モデルに起用

写真拡大

 松本恵奈がプロデューサーを務める「EMODA(エモダ)」が、トップモデルMiranda Kerr(ミランダ・カー)を2012年秋冬シーズンのヴィジュアルイメージモデルに起用した。「EMODA」のカバーガールやコレクションのカタログモデルとして登場。Miranda Kerrは6月にサマンサタバサジャパンリミテッドとのプロモーションモデル契約を締結している。 EMODAの広告モデルにミランダ・カーの画像を拡大

 「MODE=トレンドの発信」を軸に、モノトーンの世界観に色・柄・異素材を組み合わせてスタイリングを発信する「EMODA」は、「SNAP MUSE」をテーマに2012年秋冬コレクションを展開している。「EMODA」を手がけるマークスタイラーは、家庭を持ちながらもトップモデルとして活躍しているMiranda Kerrの活動が、ハイセンスさやリアルクローズ感を打ち出すブランドのコンセプトに合致しているとして今季のヴィジュアルイメージモデル起用を決定。Miranda Kerrを起用した限定3万部の最新カタログは、全国の「EMODA」直営16店舗(2012年8月現在)と取扱店、公式通販サイト「RUNWAY channel WEBSTORE」で配布されている。 オーストラリア出身のMiranda Kerrは、1983年生まれの29歳。2010年に俳優のOrlando Bloom(オーランド・ブルーム)と結婚した。2011年に第1子を出産後も、抜群のプロポーションをキープして有名メゾンのファッションショーに出演するなどトップモデルとしての活動を継続。モデルの他、テレビ・雑誌など様々な分野で活躍しており、日本では自身が主演する本格アイスレモンティー「リプトン リモーネ」に出演している。■EMODA URL:http://www.emoda-japan.com/