【グルメ】ミステリー雑誌『ムー』が無数に置いてある小さなカレー屋 / 牛すじカレー

写真拡大

ミステリー雑誌『ムー』が無数に置いてある小さなカレー屋が東京・新宿にある。駅でいえば大久保と新宿の中間あたりだ。ここの名物は牛すじカレーで、訪れるほとんどの客がそれを注文する。常連になると、カレーと一緒に必ずコールスローサラダも注文するという。これもまた絶品なのだ。

牛すじカレーのルーは、ベースとして家庭の味を残しつつ、マイルドでトゲのない風味を出している。そこに優しくも牛肉特有のウマミを濃縮した牛すじ煮込みが盛り付けされている。ライスの水分量が非常に絶妙で、優しいカレーの味を吸収し、さらに優しい「毎日食べても飽きない味」を出している。

カレールーに強い主張がなく、さらに牛すじ煮込みにも強い主張がない。しかしそれをネガティブにとらえるのは間違いだ。目立たないがしっかりと仕事をする職人のごとく、しっかりとカレーと牛すじのウマミを食べる者に与えてくれるのである。リピーターが多いのも理解できる味だ。

このカレー屋の第二の主役はコールスローサラダである。大きめにザク切りされたキャベツは「パリッパリ!」としていて驚くほど食感がよい。キャベツのパリパリ感を揚げガーリックがグレードアップさせ、さらに高次元のパリパリを表現している。ある意味、ここのコールスローは東京でトップクラスの美味しさをしているといっても過言ではない。

なによりも、牛すじカレー(350円)とコールスロー(50円)を食べても400円という驚きの低価格に衝撃を受ける。そこに店主こだわりのコーヒーをプラスしても650円だ。カウンター席しかなく、その棚にはミステリー雑誌『ムー』や宇宙人関係の本が無数にあるので、気になる人は読んでみるといいだろう。

店主は非常に気さくで優しく、客の世間話にも積極的に付き合ってくれる。カウンター席だけの忙しいサラリーマン向け食堂に思えるが、客が並んでいないのであれば店主と会話をしてゆっくりしてもいいだろう。ただし、行列ができることも多々あるので時間に余裕をもっていこう。
 
・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 小さなカレー屋 牛すじカレー
住所 東京都新宿区百人町1-24-10
時間 11:00〜20:00(ルーがなくなると定時前に閉店)
休日 日曜日
 
Correspondent: Kuzo


画像をもっと見る