今度はスペイン発のショックで日本株も撃沈…。あっという間に日経平均は9000円を割ってしまったが、今月は比較的長期保有にも向いた銘柄を集めてみた。もちろん業績も良好で安いうちに買って安心な株ばかり!


アナリストや運用担当者の大半がオジサンだからだろうか、「女性向けビジネスは好業績を株価に織り込むのに時間がかかる」といわれる。そうであれば、まだ規模の小さい新興企業の中から、女性向けビジネスで成功している企業に注目しない手はないだろう。

新興企業の情報はそもそも新聞には出てこない。経済記者は自動車や電機、銀行というように、高度成長期の区割りそのままに日々の取材にあたっている。株式市場では「育毛」「メタボ」「高齢化」はすぐに話題になるが、女性の消費の話題に関しては情報過疎状態にある。

たとえば、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ、バッグ類が人気を博したサマンサタバサジャパンリミテッドを思い出してほしい。女性客の人気を高め、業績を右肩上がりで成長させてきた半面、市場関係者の関心が低い時期が非常に長かった。証券会社の情報担当者や営業マンが好業績を認識するずっと前に、サマンサタバサの店頭は近寄りがたい熱気に包まれていた。

大型株では大手証券や外資系証券の敏腕アナリストが役員面談や工場見学までして分析眼を競い、しかもレポートは機関投資家が真っ先に受け取る構図になっている。個人投資家がいつも後れを取ってしまうのは、ある意味必然といえるだろう。しかし、中小型銘柄はアナリストによる調査対象になっていないケースが多く、プロとの情報格差は小さい。それだけ個人投資家にも勝ち目があるということだ。

右上の表では、この種の5銘柄をピックアップしてみた。最も注目していいのは、女性向けに化粧品などの口コミサイト「@COSME」(アット・コスメと読む)を展開するアイスタイル。今年3月に東証マザーズに上場したばかりである。化粧品や美容関連のサイトはアクセス数の増大が続き、広告収入が右肩上がり。数少ない景気のいい業界だ。新しい企業らしく、スマホ対応も上手にこなしている。来年前半にはスマホ向けサービスを課金化する方向だという。大株主にヤフーやサーバーエージェントも名を連ね、IT業界のプロの目からも優良企業と映っているようだ。『会社四季報』などで外国人保有が確認できたら、さらに買いを呼ぶ可能性がある。



―--
この記事は「WEBネットマネー2012年10月号」に掲載されたものです。