ワタミ取締役会長 渡邉美樹氏

写真拡大

2012年7月17日(日本時間)にプレジデント連載「コヴィー博士のビジネス問答」の執筆者であり全世界2000万部の『7つの習慣』著者であるコヴィー博士が亡くなった。博士の功績を称え、ここに追悼する。

■博士のことを地球上で
一番理解しているのは私だと思う

『7つの習慣』の中に次のような話がある。クラム・チャウダーが美味しいと評判の店があった。昼食の時間になると、毎日お客さまで大行列ができるほどだった。経営者は、欲を出してもっと儲かる店にしようとした。クラム・チャウダーの具を減らし、全体的に薄めて売ることで、仕入れの値段を落としたのだ。

最初は原価を落としたことでコストが下がり、一時的に儲けが出た。ところが、味が落ちたことに気付いたお客さまは徐々に店へ来なくなり、結果的に評判が落ち、売り上げはほとんどなくなってしまった。『7つの習慣』を否定的に見る人は、「この本に書かれていることは、あまりにも当たり前すぎる。こんなことは誰だって知っている」と言う。しかし当り前だと思っていても、それを実践できるかどうかはまったく別のことではないだろうか。

クラム・チャウダーの店の話でいうと、何を一番大切にしなければならないのかというと、お客さまである。お客さまが店に来てくれるから、利益が出て株主さまにも従業員にも利益を還元できる。優先順位でいけば、経営者である自分の利益は一番最後に考えなければならない。

これは理屈では誰でもわかっていることだ。けれども人間には欲があるので、当り前のことができなくなる。仕入れの値段を落として味が落ちれば、お客さまが離れてもしょうがない、とわかっていても、「もう少し原価を落としても、来てくれるだろう」と欲を出し、自分の懐にいくら入るのかを計算してしまう。欲との戦いで、その戦いに勝つにはしっかりとした人格が備わっていなければならない、それがこの本の主張なのだ。

クラム・チャウダーの話は、ワタミの外食部門の社員研修で何度も話してきた。『7つの習慣』を研修に使い始め、今では新入社員研修の課題本として活用している。

あるべき人格を身につけて、人は初めて成功できる。人格を磨かず最初から成功だけを目標にすると、表面だけの成功になってしまう。『7つの習慣』は、人格を磨くために必要な心構えと、そこから得た行動を説いている非常に奥深い本。だからこそ、ここに書かれている習慣を社員に身につけてもらいたいのだ。

この本の大きな魅力は、習慣について述べているだけではなく、具体的なエピソードを通して我々読者に訴え掛けてくるところなのだろう。私が一番好きなエピソードは、「ラ・マンチャの男」というミュージカルを題材にしたものだ。

「ラ・マンチャの男」の劇中劇には、ある中世の騎士がひとりの娼婦と出会う場面がある。ヒロインの娼婦は、娼婦であるというだけで周囲の人々から見下されている。しかし、主人公の騎士だけは、彼女の中に美しく気高い姿を見出し、彼女を肯定し、繰り返しそのことを訴え掛けた。

最初は、騎士の言うことを信じようとしなかった彼女だが、騎士の忍耐強い無条件の愛に刺激され、次第に彼女は本来持っている美しさや気高さを信じるようになる、というお話だ。

ゲーテは「現在の姿を見て接すれば、人は現在のままだろう。人のあるべき姿を見て接すれば、あるべき姿に成長していくだろう」と言っている。つまり、本来は目には見えないその人の可能性を信じて相手を高く評価すれば、相手もそれに呼応して自分の可能性を信じて生きられるようになる、ということだ。

これは部下と上司との関係についてもいえる。この部下は仕事のできない駄目な奴だという態度で上司が接すれば、部下も自分は駄目な奴だと思い込んでしまう。逆に、部下の良いところを見つけて、その可能性を信じて相手と向き合えば、部下は自信を持ち、仕事もできるようになる。自分の思いが相手をつくっていくのだ。

ワタミの社員には、手帳に5年先までの夢・目標をつけるよう話している。これは何かというと、「緊急ではないが、重要な事柄」を行うための手帳である。緊急ではないけれども重要なやるべき事を週単位、月単位、年単位でそれぞれ書き出していき計画化して、自分のやるべきことを明確にしていく。

なぜこのようなことをするのか。自分の仕事を緊急度と重要度の4つの領域で考えてみよう。緊急で重要なこと。緊急で重要ではないこと。緊急ではないが、重要なこと。緊急ではなく重要でもないこと。

この中で、もっとも力を入れるべきは「緊急ではないが、重要なこと」だ。

例えば、店舗でのクレーム対応について考えてみたい。お客さまからのクレームに即座に対応することは、当たり前のことだからだ。しかし、将来の見通しをもたないまま、緊急で重要な事柄にばかり追われていると、目の前の問題に振り回されるだけで疲れ果ててしまう。その結果、緊急ではなく重要でもないことに逃げ込むようになり、「緊急ではないが、重要なこと」にほとんど目を向けなくなる。何事にも受け身になり、自分の将来にも今の仕事にも無責任になって、やがては他人や組織に依存するようになるだろう。

そのようにならないためには、緊急ではないが、重要な事柄に目を向けるべきである。クレームを減らすには、従業員とのコミュニケーションを密にして、やる気を引き出しておくというのが一番だ。従業員がしっかり働いてくれれば、クレームも自然に減る。緊急で重要なことが減れば、さらに仕事のスキルを磨く時間が増えるという、いい循環に自分や自分の組織を導くことができるのだ。

私はこれまで『7つの習慣』を雑誌などで推薦したことはない。「論語」や「聖書」などは、手元に置き、いつも読み返してきたが、本書は違う。「座右の書」というより「親友」のような感覚だ。私が考えているのとまったく同じことを、違う言い方で表現してくれているのだ。人間にとっての幸せとは何か、人は何のために生れてきたのか。そのすべてに共感できる。亡くなられたコヴィー博士とは生前にお会いすることはできなかったけれど、「地球上で一番博士のことを理解しているのは私だ」と言えるぐらい親近感を持っている。

※すべて雑誌掲載当時

(石井綾子=構成 若杉憲司、的野弘路=撮影)