●止まらない止まらない止まらない

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
© 庵田定夏 by エンターブレイン/私立山星高校文研部

TVアニメ「ココロコネクト」が7月7日(土)よりTOKYO MX、tvk他にて放映されています。

<キャスト>
八重樫太一:水島大宙
永瀬伊織:豊崎愛生
稲葉姫子:沢城みゆき
桐山唯:金元寿子
青木義文:寺島拓篤
藤島麻衣子:伊藤静
後藤龍善:藤原啓治
八重樫莉奈:大亀あすか
渡瀬伸吾:小野友樹

●ストーリー
文研部に所属する五人、八重樫太一・永瀬伊織・稲葉姫子・桐山唯・青木義文は、奇妙な現象に直面していた。
前触れなく起こった青木と唯の“人格入れ替わり”。
それは次々と部員全員に襲いかかり、彼らを異常な日常に放り込む。
戸惑いつつもどこかその状況を楽しむ太一たちだったが、心の連鎖は彼らの秘めた心の傷をも浮かび上がらせ…。
平穏が崩れたその時、5人の関係は形を変える!
●八重樫太一に呼び出される永瀬伊織
文研部の部室に一人いる八重樫太一はメールにて永瀬伊織を呼び出します。

急ぎで駆け付けた彼女に対して彼は、文研部の皆を傷付けるのが怖いため距離を置いていた事を話すと共に今度は、

八重樫太一「傷付けあうのも仕方が無い。」

そう発言します。この発言に対して永瀬伊織も彼の考えの受容を心に決めます。
●桐山唯の家に行く八重樫太一と青木義文
相変わらず桐山唯は学校を休み続けたまま。そこで八重樫太一と青木義文は彼女の家に行く事にします。

※青木義文は「欲望解放だからこそ出来る事」を思い付いたらしいのですが…。

今回は桐山唯の部屋に入る事が出来た2人。そこで彼女が欲望解放により「彼女の他人に暴力を与えるかもしれない」という恐怖心が強い事を再認識します。そこで青木義文は「絶対したくない事は我慢できる」と発言しますが…。問題はその後!

青木義文「俺は(桐山)唯の事が大好きだ!エロい事も想像している!しかし、俺は欲望解放でも(桐山)唯の事を傷付ける事は絶対にしない!」
青木義文「だから一緒にラブホテルに泊まろう!」

青木義文「下着姿、バニーガール、裸エプロンとかで!」

あまりにも予想の斜め上を行く発言に対して桐山唯は彼に対して思わず縫いぐるみ等を投げ付けます。

但し、彼の言いたい事は彼女を愛しているがゆえに、彼女が傷付く事は欲望解放でも止められるはず、と言う事のようです。

そして八重樫太一は桐山唯が欲望解放で暴力を振るおうとしても必ず防ぐと約束します。

桐山唯「(欲望解放で)もし私が暴れたときには止めて下さい!」
八重樫太一「(小声で)……。」
桐山唯「守って下さい!」


これで彼女も立ち直ったようです。但し、青木義文の「ラブホテル行こう!」の連発にはやや御立腹のようですが。
●ふうせんかずら、稲葉姫子に告げる!
桐山唯が久々に登校したものの、稲葉姫子の方は未だ半分引き籠り状態のまま(学校にこそ来ていますが、文研部には参加していません)。

但し、桐山唯がコンビニで物欲の欲望解放が発動してしまい有り金全てで食料品を大量に購入、永瀬伊織・青木義文・八重樫太一と共に食欲の欲望解放で別の意味での大パニックになってしまいました。これくらいで済めば平和なのですが…。

その夜、稲葉姫子の家に「ふうせんかずら」がやってきます。彼は稲葉姫子の今の状態に対して苦言を呈すと共に「文研部」の人間関係を壊す事を提案します。逆に言えば、彼女は大切な人間関係が壊れる事を恐れるがゆえに半引き籠り状態となっているわけですが…。

※彼女にとって大切な人とは一体誰なのでしょうか?

とは言うものの、基本的に真面目な性格の稲葉姫子。校外学習には予定通り参加します。

次回は校外学習編!「ココロコネクト」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ココロコネクト」第8話「愛の伝道師 藤島麻衣子」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ココロコネクト」第7話「心の亀裂」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ココロコネクト」第6話「稲葉姫子、欲望解放!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ココロコネクト」第5話「永瀬伊織の身体と共に死ぬ人格」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ココロコネクト」第4話「オカズコネクト」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「ココロコネクト」TVアニメ公式Webサイト
「ココロコネクト」AT-X公式Webサイト