知ってますか? 占いの種類と系統の話




占いの種類は多いですね。タロットカードや水晶占い、易、四柱推命、人相、手相などなど。少し前には『動物占い』が開発されてはやりましたし、最近では『名探偵コナン占い』なんてものまであります。占いにはどんな種類があって、どのように発展してきたのでしょうか。



日本占術協会副会長、福田有宵先生に伺いました。



――「占い」ってどのくらい前からあるのでしょうか。



福田先生 3,000年くらい前からあると言われています。



――日本で行われている占いにはどういう種類があるんでしょうか?



福田先生 まず、東洋の占いと西洋の占いに分けて考えましょう。



■西洋の占い

・西洋占星術

・タロットカード

・水晶占い

・誕生石

・カバラ(数秘術)



福田先生 西洋の占いは主にこのような種類ですね。



――カバラ(数秘術)というのは何ですか?



福田先生 これは「年回り」を占うものでもともとはユダヤ系の人たちのものですね。日本で人気が出たのはここ20年、30年のことです。



――タロットカードはいつぐらいからあるんでしょうか?



福田先生 タロットカードは10世紀ぐらいからでしょうか。タロットカードや水晶占いなどはロマの人達が広めたと言われてますね。



――こういう西洋系の占いが日本に入ってきたのはいつぐらいなんでしょうか?



福田先生 やはり明治維新を迎えてからですね。面白いのは、戦国時代にトランプカードが伝わってきていたのはわかっています。



――え、トランプって戦国時代に来ていたんですか?



福田先生 みたいですね。それが占いに使われたかはわかりませんが。まあ、ゲーム、花札みたいに博打に使用されたんじゃないでしょうか。



――では東洋の占いですが……。



福田先生 東洋の占いは、命(メイ)、卜(ボク)、相(ソウ)、医(イ)、山(ザン)という5種類に大別されますね。



福田先生のお話を以下にまとめてみました。



■東洋の占い

命(メイ)、卜(ボク)、相(ソウ)、医(イ)、山(ザン)に大別されます。



●命(メイ)

命(メイ)は、人間に主眼を置いた占術で、生年月日時を基本にして人間の宿命を究明するものです。

<<命に属するもの>>

四柱推命、算命、紫薇斗数、奇問遁甲

気学(九星術)、0学占術(四柱)、六星占術(四柱)



●卜(ボク)

卜(ボク)は、事件に主眼を置いた占術で、ある時間と方位を基本にして事件を究明します。

周易、断易(五行易)

コイン占い、念珠占、測字占



●相(ソウ)

相(ソウ)は、物体の姿に主眼を置いた占術で、その形から他に及ぼす影響を究明します。

<<相に属するもの>>

観相(人相、骨相、手相、体相)

家相、名相(姓名学)、墓相

筆相、風水



・医(イ)

医(イ)は、人間の肉体に主眼を置いた方術で、肉体の疾病による悩みを究明します。

<<医に属するもの>>

漢方、鍼灸



・山(ザン)

山(ザン)は、人間の精神に主眼を置いた方術で、人間の物心両面の向上発展を究明します。

<<山に属するもの>>

符呪



――これらはもともと中国で生まれたものなんでしょうか。



福田先生 そうですね。この中では卜(ボク)が一番古いと言われています。『易経』は中国最初の書物と言われています。



――そうなんですか。最古の書物が占術に関するものなんですね。



福田先生 卜(ボク)が日本に伝わったのが奈良時代と考えられています。



――それはまた古いですね。



福田先生 周易の原文に「十翼」と呼ばれるものが付け加わって『易経』になって日本にも伝わったんですね。易経は室町時代には『足利学校』(当時の最高学府)で教えられていますし、徳川時代には湯島聖堂、昌平黌(しょうへいこう・昌平坂学問所のこと)で教えられていますね。



この頃になって庶民にも「易」というものが広がったと考えていいと思います。



――天中殺という言葉が流行(はや)ったり、細木先生の『六星占星術』が流行(はや)ったりと、占いにもはやりすたりがあるようですが、これらは新しい占いなんでしょうか。



福田先生 天中殺ブームの元は和泉宗章さんですが、「天中殺」は先ほど説明した「算命」、高尾系の算命で使われる用語です。そこに注目した点が面白いんですね。



――ということは、まったく新しいものではなくて、もともとあった算命の一派ということなんでしょうか。



福田先生 そうですね。兄弟姉妹と言いますか(笑)。



――細木先生の六星占術はどうなんでしょうか。



福田先生 六星占術は、命の『四柱推命』、これの新解釈と考えていいですね。もともとは12年のサイクルで回していたのを、6年という半分のサイクルにしたところに面白みがあるんです。



――なるほど。色んな新しい占いを開発されたりします。例えば『動物占い』なんてのがありましたが……。



福田先生 生年月日時を元にして、それを10や12のグループに分けて当てはめるという仕組みは、命(メイ)の占術と言っていいかもしれませんね(笑)。



――確かにそうですね。



福田先生 グループに分けるには10と12があるんですよ。十干と十二支ですね。



――なるほど。収まりのいい数字なんですね。確かに星座も12宮ですし、一度13宮にしようとして定着しなかったですね(笑)。



福田先生 私たちのリズムに乗っ取った数字なのかもしれませんね。



――色んな占いがあるわけですが、先生は占術の意義をどう考えておられますか?



福田先生 占術というのは、「現世利益」つまり「どうすればこの世で報われるのか」を扱う「人間学」だと私は考えています。あの世で報われる話には宗教が救ってくれるわけですが、人間はそれだけではやはり苦しいんですよ。



現世で報われたいという人間の希望、それに応えるためにはさまざまな解釈、回答を用意してあげたい。それが占術ではないでしょうか。



色んな占いがあります。占いによって色んなアドバイスが得られるでしょう。ただ、あくまでもあなたが信じるかどうかです。良い方へ良い方へ考えて行動すれば、占いも人生の良き相棒になるのではないでしょうか?





(高橋モータース@dcp)





*……取材を終えた後、調べてみましたが『動物占い』はそもそも四柱推命を元にして作られたもので、まさしく「命」(メイ)の占術、その新解釈版でした。さすが福田先生!