【男性編】メールを送りたい相手への口実ランキング


自然な口実がほしい





どうしてもあの子にメールがしたいけど、なにかいい口実はないか必死に考えてしまう。そんな経験はありませんか? 悩んでいるうちに送るタイミングを逃してしまったり、気になる相手だからこそ難しいですよね。そこで今回は、男性マイナビニュース会員392名にメールを送りたい相手への口実についてお尋ねしました。





Q.メールを送りたい相手への口実を教えてください(複数回答)

1位 「久しぶり。元気?」など、近況を尋ねる 30.6%

2位 暇だった 20.7%

3位 正直にメールしたかったんだーという 19.9%

4位 質問をしてみる 12.2%

5位 誕生日にメールをする 8.4%







■「久しぶり。元気?」など、近況を尋ねる

・「近況を尋ねるふりをして、遊びに誘った経験はある」(33歳/情報・IT /技術職)

・「特に用事がないときは、近況を聞くしかない」(28歳/その他)

・「一番無難な文言だと思う」(24歳/不動産)





■暇だった

・「わざとらしくないから」(25歳/電力・ガス・石油)

・「なんとなくの感じで送りたい」(29歳/その他)

・「自分が積極的に相手と交流を持ちたいと思っていることが伝えられるから」(29歳/情報・IT/技術職)





■正直にメールしたかったんだーという

・「正直に話したほうがいいから」(26歳/機械・精密機器/営業職)

・「素直な方が印象が良いから」(27歳/その他)

・「回りくどい文面は打つのが面倒なので」(23歳/学校・教育関連)





■質問をしてみる

・「送りたい相手には、毎日送りたいので質問メールがネタ切れにならずに済むと思う」(28歳/自動車関連/技術職)

・「興味のある異性にこの手を使った」(24歳/電機/技術職)

・「どうでもいい質問をして本題に入る」(30歳/金融・証券/専門職)





■誕生日にメールをする

・「毎年、誕生日にメールしてご飯に行く友達がいる」(25歳/自動車関連/事務系専門職)・「誕生日が一番不自然さがないかなと思う」(26歳/自動車関連/事務系専門)

・「用事がないとメールしない」(29歳/電機/技術職)





■番外編:きっかけが大切

・間違えたとうそをつく「間違えたといえば体のいい言い訳にできるので」(28歳/商社・卸/事務系専門)

・きれいな写真を送ってみる「その話題でメールが続きそうだから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ふと思い出した」とメールする「無理やり感が少ないから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





総評

1位に選ばれたのは、「『久しぶり。元気?』など、近況を尋ねる」でした。自然な流れですし、相手に恋人や夫がいるのかということもたしかめられます。





続いて2位は「暇だった」でした。こちらは、「暇なときにメールを送るなんて、私に気がある?」と思うか、「暇つぶしに使われている」とムッとするか意見がわかれそうですね。相手の性格をふまえてから使ったほうがいいかもしれません。





3位に選ばれたのは「正直にメールしたかったんだーという」。やっぱりうだうだと考えるより、素直な気持ちを伝えるのが一番良いという意見もたくさん寄せられました。4位には「質問をしてみる」がランクイン。会話が途切れないように、ひたすら質問を送り続けるという人も。面倒がられないように、ほどほどがいいのかもしれません。





5位は「誕生日にメールする」。誕生日にメールが来て、嫌な気持ちになる人はいないはずです。気になる人がいるなら、思い切ってお祝いのメールを出してみるのもいいかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 鈴木彩夏)





調査時期:2012年7月23日〜2012年7月28日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性392名

調査方法:インターネットログイン式アンケート