制汗剤の使いすぎは体によくない?


残暑も厳しく、まだまだ出番の多い制汗剤。最近では、夏に限らず、匂いを気にすることから、一年中使用している人も。





しかし、使いすぎると効果がなくなるとか、肌に悪いのでは?などの心配も聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ビューティ&ダイエット編集部が調べてみました。



基本的に、皮膚にトラブルがなく、使用上の注意を守って使用しているなら、とりたてて心配しすぎる必要はありません。



ただ、最近になって、乳ガン組織の検査で必ずといってパラベンが発見されるということが公表され、研究者らの間で、制汗剤などに防腐剤として多用されているパラベンが胸に近い皮膚から吸収されることで、乳ガンを誘発する可能性があるのではとする見方もあるようです。



これに対し、多くの化粧品メーカーが、「適切に使用すればパラベンは問題ない」とするコメントを発表しており、いまのところ乳ガンとの関連性を実証するには至っていません。



ほかにも、制汗剤に使われているアルミニウム塩について、健康上問題だとする否定的な意見も多く見受けられますが、これもまた確信的なデータは得られていないのが実情です。



とはいえ、もし制汗剤を毎日利用し、なおかつ、汗をかかないように水分摂取まで制限していると、汗と一緒に体外に排出されるべき毒素が体内に滞留しやすくなるといった問題が懸念されます。



それに、殺菌効果の高い制汗剤を頻繁に使い過ぎていると、皮膚の常在菌を減少させ、より強力な細菌が繁殖する可能性だって無いとは言えません。

そうなると、体臭が余計にきつくなることも考えられるし、皮膚の抵抗力が衰えれば、かぶれなどの心配も。

やはり、使用上の注意を守って、使いすぎないことが大切です。



近ごろでは、化学合成物や鉱物油原料不使用のものや、天然ハーブを使ったものも出回っているようですし、また、吸汗・速乾性に優れたインナーなども汗の匂い対策としては頼もしいアイテムです。

ちなみに、制汗剤に含まれるアルミニウム塩を体外排出するためには、多くのミネラルが必要です。使用期間中は野菜や果物、そして水分も十分に摂(と)れば、より安心ですね。



(ビューティ&ダイエット編集部)