【正直ニュース】平均納得価格545円の『日清ラ王 袋麺』は本当のことをいうと250円ぐらいの価値はある

写真拡大

7月25日から8月7日の14日間、日本テレビ「汐博2012」ゼロスタ広場において、「値段のないラーメン屋」というブースをオープンさせ、『日清ラ王 袋麺』の醤油味であることを案内せず客へ提供し、「このラーメンにあなたなら一杯いくら払うか」という金額(=納得価格)を聞くという無料体験回を実施。体験者は合計2074人おり、その平均納得価格は545 円という結果をおさめたのだが、果たして普通に食べた場合、本当に545円の価値があると思えるのだろうか!?

実際に記者も体験会におとずれてラ王を食べたのだが、「あんまり安い値段付けたらケチだと思われるんじゃないの?」、「ちょっと見栄張って高い金額にしたらカッコイイじゃん!」という悪魔の声が聞こえたので、正常な判断ができずに高く価格を設定してしまった可能性がある(実際平均価格より高く設定した)。ということで8月27日から関東甲信越・静岡地区先行発売している『日清ラ王 袋麺』を購入し、食べて正直な納得価格を付けることにしたぞ。

■5食パックでメーカー希望小売価格は500円
平均納得が545円だからといって、別に値上げはせず普通の袋麺と同じぐらいの、5食パック500円というメーカー希望小売価格にしているところは良心的だ。つまり1袋100円である。

■作り方も普通の袋麺とほぼ同じなので手間はかからない
麺を4分茹で、先に液体スープを丼にあけそれを茹でたお湯で溶く以外は、以前から販売されている袋麺とたいして作り方は変わらない。別でお湯を沸かしたりするだけでかなり手間に感じてしまうが、それが無いのはとても良い。

■麺は生麺以上にモチモチしており、コシがある
乾麺はあまりコシが無いイメージがあるかもしれないが、ラ王はパスタのようにコシがしっかりしており、ちゃんと麺もモチモチしている。もしかするとコシに関していえば生麺以上にあると思う。麺はとっても美味しい。

■スープは単体だと甘いかも?
今回食べた醤油味のスープは、やや甘めだと感じた。ただ、甘すぎるわけではないのでそれは好みの問題だろう。ただ、コショウを入れて食べるとちょうど良くなったので、具材を入れた場合のバランスを考えた味付けにしてあるのかもしれない(パッケージも具を入れたラ王になっているし)。

■正直に判定した結果、250円ぐらいの価値はあると感じた
はっきり言います。250円ぐらいの価値はあると思います! 体験会で出た値段より半分以下に値付けしてしまったのでケチな奴だと思われそうで怖いが、一人で真剣に考えた結果この値段となった。まあ具も入っていない素のラーメンに545円払って納得できる人は、かなりお金持ちなのではないでしょうか…。

でも、よく考えると1袋100円なので、本当に思った納得価格が250円でもけっこう良いのかもしれない。ガス代とか水道代として50円引いても、200円でしょ? っていうことは100円得してるじゃん! ヤッター! と一人で喜ぶ記者であった。

というか麺が美味いので、せっかくだからチャーシューとかモヤシとか味玉とか入れて豪華に食べたほうが満足すると思うよ。ウン。

参考リンク:日清ラ王 袋麺


画像をもっと見る