(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●漢中王となった劉備に対して曹操はどう動く?
漢中王となった劉備に対して激怒する曹操、彼は劉備軍へ攻め込もうと画策しますが…。ここで仲達はまず孫権に使者を立て、荊州を孫権に攻めさせて曹操軍と挟撃をするよう仕向けるというもの。

※曹操は仲達の案を採用することになります。
●孫権、関平へ政略結婚を企む!
孫権は曹操の荊州攻略案も悪くないと考えるも、関羽の守備する荊州を武力で攻略するのは困難を極めます。そこで諸葛瑾の案として孫権の親族を関羽の養子である関平へ政略結婚をさせるというもの。

しかし諸葛瑾が使者として出向いた縁談を即座に断る関羽。

関羽の態度に激怒した孫権は曹操との案を受け入れ、荊州を分割占領するという条件付きながら曹操との共同戦線を固める事になります。
●傅士仁、関羽軍の先鋒に任命されるも…
関羽は樊城の曹仁を攻める為の先鋒として傅士仁を任命します。しかし傅士仁は前祝いと称して酒宴を開き、酔っ払った挙句火の不始末から陣中にて火事を起こしてしまい多くの兵士や武具等を失う事になります。

これに激怒した関羽は傅士仁を打ち首にしようとしたものの、配下の王甫の嘆願によって傅士仁の命は救われます。当然ながら先鋒は関羽に変更となり、傅士仁は鞭打ちの刑のうえ、後方の城の守備に回る事になります。
●関羽軍対曹仁軍!
久しぶりの出陣となった関羽、関平を副将として曹仁軍を攻めます。曹仁も歴戦の武将とは言え、関羽が相手では分が悪く曹仁軍は惨敗を喫します。

因みに成都では劉備、孔明、張飛が関羽の勝利を喜ぶも、最近戦の無い張飛は暇を持て余しています。そこで張飛は劉備の新宮殿の建造の手伝いをしながら神々・竜々と戯れています。その後、張飛は神々・竜々に屋台を与えて自分用の酒場にするのですが…。いずれにしても平和を楽しんでいるようです。

一方、曹仁の大苦戦を受けた曹操は于禁、龐徳を援軍として送る事に決めますが…。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第54話「玄徳 王位に即く」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第52話「許昌炎上」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第51話「怪物登場」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第50話「曹操の野心」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第49話「関羽危うし!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第48話「葭萌関の決闘」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト