(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●仲達、管輅を探す!
夏侯淵の死を導いた左慈、その左慈の弟子であった神々・竜々ですが貧乏で食事代を稼ぐために漢中で預言者の真似事をしていました。

それを見掛けた仲達、神々・竜々を捕まえて管輅を探すよう指示します。

そして漸く見付かった管輅は曹操に対して預言します。

管輅「南の名将が死ぬ!」

これだけでは良く分かりません。しかし管輅は別の事も言います。

管輅「水が凶と出ています。」

捉えどころのない預言ですが、曹操は多少気がかりながらも劉備軍との決戦に備えます。
●背水の陣
劉備軍は背に川がある場所に陣を構えます。これは孔明の策略で40万の曹操軍に3万の劉備軍で打ち勝つには退いたら死という決死の状況、つまり背水の陣以外にないという事ですが…。

一行に劉備軍を攻めきれない曹操軍、そこで曹操は川を見ると管輅の預言を思い出し全軍撤退を決定します。

結局、曹操は黄忠・張飛等の伏兵から命からがら逃げ切ります。その後、曹操は漢中を手放し、漢中は劉備が手に入れる事になります。
●魯粛の死
江東の孫権は劉備の漢中入りを聞き、益州攻略に消極的な態度を取る陸遜に激怒します。そこに病床の魯粛から危篤の連絡が入ります。ところが魯粛も劉備との交戦は否定的(劉備や孔明には自らは勝てないと考えていたようです)、孫権は劉備との交戦を控える事になります。

魯粛はその死によって孫権を諌めたとも言えます。そして管輅の預言は魯粛の死の事だったのです。
●劉備 王位に即く
曹操が献帝を殺害して皇帝となった、そんな噂が漢中に流れます。

荊州・益州・漢中を制した劉備が王となる時期も熟し、張飛・趙雲、そして孔明までもが劉備が王位(漢中王)となる事を願います。

そして、劉備はこれを受けて漢中王となる事を決意します。

※同時に配下の役職等も一新され、阿斗は劉禅と改名しています。
●左慈の失敗
左慈は曹操の献帝殺害の嘘の噂を流し、それによって劉備の漢中王となる事を促したのは、劉備が帝を蔑ろにしたという形を作るためだったようですが…。

管輅が献帝に上奏し、劉備が漢中王になる勅命を受けてきたのです。これで劉備は大義名分が立つことになります。

これによって左慈は再び姿をくらまします。そして、管輅も静かに劉備の前から立ち去ります。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第52話「許昌炎上」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第51話「怪物登場」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第50話「曹操の野心」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第49話「関羽危うし!」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第48話「葭萌関の決闘」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第47話「龐統の仇を討て!」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト