お金がないときにお世話になった貧乏料理は?



数千円はおろか、数百円の出費をするのも厳しい日。そんなときにお世話になるのが、安価な具材で作ることができ、なおかつ美味しい"貧乏料理"です。

今回は読者のみなさんに、お金がないときによく作ったオリジナル貧乏料理は何か聞いてみました。さて、どんな料理が出てくるのでしょうか!?



調査期間:2012/5/3〜2012/5/7

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 899件(ウェブログイン式)



●薄切りの玉ねぎを卵でとじた卵丼。お豆腐とか足してもおいしい。(31歳/女性)



具材次第で安く作ることができる丼ものはお金がないときは助かりますよね。



●卵と油揚げで作ったきつね丼をよく食べました。(26歳/女性)



油揚げは100円で10枚入りが買えたりするので、貧乏料理の具としては最適です!



●小麦粉と水と増えるわかめちゃんを混ぜてフライパンで小判程度の大きさに焼く。焼き終わったらそのフライパンに砂糖・しょうゆ・酢・(あれば酒も)を入れて作ったタレに絡めて食べます。(30歳/女性)



『お焼き』のような感じでしょうか? 甘辛いタレが食欲をそそりそうです。



●バナナを軽くいためて食パンに挟むバナナサンドを食べていました。(23歳/女性)



朝食にもオヤツにもなりそうな一品ですね!



●90円のシーチキンオイル漬けの缶詰に玉ねぎのみじん切りを加えて、マヨネーズをかける。美味しいですよ! でも後からすぐにおなかがすいてくるのが難点……。(56歳/男性)



ツナマヨのような感じですね。ご飯のおかずにもお酒のおつまみにもなりそうです。



●ご飯にコーンスープをかけ、チーズをのせて焼いたもの。(26歳/女性)



これはドリアのような出来上がりになるのでしょうか? 香ばしくて美味しそうですね!



●卵掛けご飯にお茶漬けをかけてレンジでチン! これが簡単で美味しかった。(26歳/女性)



ただお茶漬けにするだけでなく、レンジで温める所がポイントなのですね。半熟



●お豆腐屋さんでもらえるおからと安く手に入るもやしでハンバーグ!(31歳/女性)



お豆腐屋さんから直接もらうおからはそれだけでも美味しいですよね。ハンバーグにして食べるのもきっとおいしいはずです!



●ホットケーキミックスとおからでかさましをした炊飯器ケーキ。(29歳/女性)



おからはこういった使い方でもできるんですね。勉強になります。

●お麩をめんつゆで浸してから焼く。くるま麩とか、固めの方が美味しいです。卵とじ風にしたりでもでき、普通に美味しいのでいまでも作っています。(31歳/女性)



●カップめんの残り汁に卵と冷やご飯、ネギを入れて雑炊を作った。けっこう美味しかったです。(23歳/女性)



応用性が高いカップめんの残り汁は貧乏料理のナイスパートナーです! ほかにも「残り汁を使って炊き込みご飯を作る」といった回答もいただきました!



●ネギと砕いたポテトチップスでチャーハンをよく作っていました。(24歳/女性)



ポテトチップス自体に味もついていますしね。ちょうどいい具になりそうです。



●お金がないけどどうしてもかば焼きが食べたいときは、サンマのかば焼きの缶詰を使って即席のかば焼き丼を作ってました。(46歳/男性)



これは私もよくやりました! 安い所だと50円で買えたりする事もあるので、節約しながらも満足です。



●食パンににんにくをこすりつけてケチャップを塗り、とろけるチーズを1枚載せて自家栽培のバジルの葉を散らせばあっという間にマルゲリータ風ピザトースト!(30歳/女性)



あまりお金はかかってないのに、イタリアンな雰囲気を味わえますし、豪華な感じもしますね!



●温めた安売りのミートソースにパンの耳を投入して塩コショウで味付けしたものをよく食べました。安いけど気分はイタリアンでした。(30歳/男性)



パングラタンのような感じになるのでしょうか? 想像するだけで美味しそうです。



数多く挙げられた読者おすすめの貧乏料理ですが、どれも手軽で美味しそうなものばかりでした。金欠でどうしても食事にお金をかけることができないときは、これらを参考に乗り切ってみてはいかがですか?



(貫井康徳@dcp)