都会のガーデニングライフ提案「BIOTOP NURSERIES」白金台にオープン

写真拡大

 白金台「Adam et Ropé Biotop(アダム エ ロペ ビオトープ)」1階に植物に関する多彩なジャンルを集めた「BIOTOP NURSERIES(ビオトープ ナーセリーズ)」が9月1日にオープンした。「アーバンガーデニング」をコンセプトに、植物の他にもヴィンテージガーデニングアイテムやウェアの関連グッズを展開。温室ハウスが新たに登場するなど、都会にいながらにして緑を感じる空間をさらに色濃く打ち出していく。 白金台Biotopに新ガーデニング売場の画像を拡大

 植物を取り入れた生活を楽しみたいという人に向け、"ちょっとオシャレで都会的なBOTANICAL LIFE"を提案する「BIOTOP NURSERIES」は、7月に閉店した「Botanical FUGA(ボタニカル フーガ)」を新コンセプトのもとリニューアルしたガーデニング関連の売場。外苑前の花屋「FUGA」から独立した齊藤太一氏による「SOLSO」が店頭の植物やグッズのセレクトを手掛け、プランターやスコップ、書籍、「Biotop」をディレクションする熊谷隆志氏によるボタニカルアートなど、多彩なジャンルから植物にアプローチしたグッズを植物とともにそろえる。また、「Adam et Ropé Biotop」設立のきっかけにもなったツリーハウスと同じ中庭に、ミニ温室を設置。新たな売場を象徴する存在としてアフリカやアジアから集めた珍しい植物を並べ、「最近増えている"植物オタク"の要望にも応えられるように」(ブランド・広報)展開するという。 「BIOTOP NURSERIES」がオープンした「Adam et Ropé Biotop」は、1990年から「Adam et Ropé」の本店として営業してきた店舗を、クリエイティブディレクターに熊谷隆志氏を迎えて"ビオトープ(=人間も含む生き物本来の生態系が保たれた空間)"をコンセプトに緑があふれる館にリニューアルしたエシカルな複合型ショップ。ツリーハウスは第一人者の小林崇氏が担当し、3Fのカフェはレストラター山本宇一氏が手掛け、熊谷氏がそれぞれの分野でリスペクトするクリエイター達が集結した。「BIOTOP NURSERIES」のオープンにより3フロアをつなぐ螺旋階段には植物のイラストが描かれ、緑をより一層楽しむための空間を「Adam et Ropé Biotop」全体で表現する。■BIOTO NURSERIES 場所:東京都港区白金台4-6-44    Adam et Ropé Biotop 1F TEL:03-3444-2894 時間:11:00〜20:00