日本同様、アメリカでも来週から新学期。そこで<Huffington Post>では、「先生になってほしいセレブと教えてもらいたい教科」を挙げてみました。

じゃあ、準備体操から始めようか

数学(Mathematics)...ダニカ・マッケラー
かつてNHKで放映されていた青春ドラマ『素晴らしき日々(原題:The Wonder Years)』で、主人公ケビン・アーノルド(フレッド・サベージ)の恋人ウィニー・クーパーを演じていたダニカ。彼女はこのドラマの出演後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で数学を学び、10代の女の子に向けた数学の克服本を数冊出している。そのタイトルは『Math Doesn't Suck(数学はつまらなくないわ、以下あくまでも意訳)』や『Hot X: Algebra Exposed(ホットなX:むき出しの代数)』、『Girls Get Curves: Geometry Takes Shape(女の子にはくびれが、幾何学には輪郭がある)』など、とてもユニークなものだ。

生物学(Biology)...リサ・クドロー
ドラマ『フレンズ』のリサは医者になるため名門ヴァッサー大学(Vassar College)で学び、精神生物学の学位を持っている。最近では有名トークショーのホスト、ジェイ・レノと"ネズミ/ラットの解剖"について議論を交わしたとか。

英語/アメリカでは国語(English)...イーサン・ホーク
これまでフィクションの著書2冊を発表しているイーサン。彼は"ヤング・ライオンズ・フィクション・アワード"も共同で立ち上げ、ニューヨーク公共図書館から表彰された経験もある。ちなみに彼の初期の代表作『いまを生きる』では、ロビン・ウィリアムズが型破りな新任の英語教師を演じていた。

歴史(History)...コナン・オブライエン
NBCのトークショー『Late Night with Conan O'Brien』やTBSのバラエティー『Conan』での軽妙なトークで知られるコナン。彼はハーバード大学でアメリカ史を専攻していた。

文芸表現/クリエイティブ・ライティング(Creative Writing)...ジェームズ・フランコ
俳優業に加え、学業にも力を入れているジェームズ。彼はアイビーリーグの1つコロンビア大学で文芸表現を学び、ニューヨーク大学の芸術学部では脚本の書き方を指導した。

音楽(Music)...マライア・キャリー
コーラスでマライア以上にリードできる人材などいるだろうか? そのパワフルな歌声と数オクターブにも渡る音域が何よりの証拠。

体育(Physical Education)...デヴィッド・ベッカム
もっともベッカムの場合、彼に体育を教わるというよりも、その卓越したサッカーの腕前をこの目で見たいというのが生徒の本音だろう。

美術(Art)...ルーシー・リュー
『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『キル・ビル』でアクション女優のイメージがあるルーシー。私生活では長いこと美術に親しんできたそうで、昨年秋には抽象芸術の展覧会を開いている。

<効果てきめん!? "二次方程式の解の公式ソング"を歌うダニカ・マッケラー>
ダニカ「楽しいでしょ?」