ブロガー、プログラマー、投資家 
小飼 弾 
1969年生まれ。96年ディーエイエヌ有限会社設立、99年オン・ザ・エッヂ(現ライブドア)CTO(取締役最高技術責任者)。著書に『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』『弾言』など。

写真拡大

シンプルでロジカルな文章は、実は理数系人間が得意とするところ。新発想の文章術をプロが指南。まずは長文との決別から始めよう。

■小飼式文章術

文章を書き始められない人は、文章を「書く」のではなく、「語る」ことを意識したほうがいいと思います。

不特定多数に向けた文章を書くのは、書くことに慣れていない人にとってハードルの高い作業です。顔も知らない読み手にどんな言葉が響くのか、容易にはわからないからです。しかし、具体的な相手がいれば、その相手に語るようにして言葉や表現、内容を選ぶことができます。

ビジネス文書は、たいてい読み手が限られています。ただ、その場合も相手の想定は一人に絞ったほうがいい。たとえば部長に企画書を提出するなら、部長に向けて書くべき。そのあと、本部長、役員が読むかも、と考え始めるとキリがありません。目の前の人を説得できずに、その先にいる人を説得できるはずがありません。遠くを見すぎてはダメ。まず目の前の相手に語るべきです。

ブログのようなオープンな文章も同じです。みんなに共感してもらおうと意識すると、途端に行き詰まります。まずは確実に読んでもらえる相手を見つけて、その人に向けて語ることが肝心です。

何から書き始めていいのかわからなければ、相手の言ったことに対してツッコミを入れてみてはどうでしょうか。自分からアクティブに発信するのではなく、相手の発信に応える形でリアクティブに書き始めるのです。リアクティブ型なら、語る相手も明確になるし、あまり構えることなく書き始められるはずです。

■鎌田式文章術

書き出しが決まらないと、そのあとに続く文章が書けない完璧主義の人がいます。緻密に論理を重ねる理系人ほど完璧主義に陥りやすいと思われがちですが、実際は逆です。効率的なアウトプットを優先する理系人は、時間を無駄にすることを嫌います。限られた時間で効率的にアウトプットしようと思えば、手のかかるものに時間を費やす暇はない。書きづらい部分は飛ばして、さっさと先に進みます。

そもそも理系には、最初から順番に書く発想がありません。全体の枠組みを決めたら、書きやすいところから文章を書いて、枠を埋めていきます。自分のもっとも主張したいことから書いてもいいし、データや事例といった客観的事実から書くのもいい。どちらにしても書きやすいところから始めれば、「文章を書かなければいけない」という心理的な負担も軽くなり、楽に作業にとりかかれます。

あとは足りないところを付け足しながら、文章を完成に近づけます。結果的に冒頭部分を最後に書くことになっても構いません。無理して最初から書き出すより、ずっと早く文章が完成するはずです。

全体の枠組みが決まらずに書き始められない場合も同様です。思いついたところから書いて断片をつくれば、あとからつなぎあわせて編集することも可能です。私もよく外出中に携帯電話で思いつきを打ち込み、PCに転送しています。あとでメールをコピー&ペーストすれば、もう文章作成の大部分は終わっています。

思想家の内田樹さんは自分の考えをブログにつづり、それを編集者が編集して本にしているといいます。おそらく内田さんは、本という完成形を意識してブログを書いているわけではないでしょう。内田さんが良質なアウトプットを量産しているのも、編集を後回しにしていることと無関係ではないはずです。

(村上 敬=構成)