住むならやっぱり南向き! と思う人は少なくないでしょう。

南向きは「洗濯物がすぐ乾く」「布団が干せる」「ひなたぼっこができる」などのメリットがたくさんありますから。

けれども、他の向きと比べて家賃が高い場合が多いうえ、南向きを重視すると駅からの距離が遠くなるなど、ほかのことを我慢しなければならないこともあります。

実は、南向き以外も、こんなにメリットがあります。

部屋の向きとその特徴をご紹介します。

■「東向き」に向く人、「西向き」に向く人朝早くから部屋が明るくなる東向き。

朝型の人、早寝早起きの生活をしている人に向いています。

休みの日でも、「午前中に家事を全部済ませて午後には外出する」というライフスタイルの人に適するでしょう。

午後から日が差さないのですが、夏に部屋に熱気がこもりにくいメリットがあります。

 一方で、冬になると午後から部屋が暖まりにくく、やや寒さを感じやすいでしょう。

このため、冬場の暖房費がかかる可能性があります。

夏に弱く、冬に強い人にはよいでしょう。

西向きの部屋には、午後からポカポカと日が差してきます。

夜更かし型の人に向くでしょう。

昼ごろに起きても日を浴びられるので、掃除、洗濯をゆっくりこなせますし、午後からでも布団を干せるのもメリットです。

ただし、夏の西日はかなりきつく、室内の気温上昇はハンパない状態です。

反面、冬は夜になっても室内が暖かく、暖房費は他の向きと比べて少なくて済みます。

ところで、地域によって日の出、日の入り時間が異なります。

例えば、夏の札幌では、最も早ければ4時前に太陽が昇ります。

が、同時期の東京の日の出は4時半ごろ、福岡では5時過ぎです。

冬のもっとも遅い日の入り時間は、札幌で16時ごろ、東京では16時半ごろ、福岡では17時過ぎです。

さらに、部屋の前に建物があれば、その高さや形状で日照時間が遮られるので、太陽光を気にしている人は、こういった点も考えて部屋選びをしたいものです。

なお、あまりにも「朝、まぶしすぎてつらい」、あるいは「夏の西日にへきえきしてしまう」といった場合は、窓に遮光カーテンを用いる方法をオススメします。

■北に窓がある日が差さない北向きは、賃料の安いのがメリット。

向くタイプは、外出の多い人です。

平日も休日も外でアクティブに過ごす人であれば、太陽を必要とする時間はないので、適しているでしょう。

また、乾燥機を使った生活をしていれば、洗濯物を干す、ということも必要ありません。

一方で、北向きは湿気がたまりやすいので、こまめに窓やドアを開けて風通しをよくするようにしたいものです。

なお、北向きには、前の景色が綺麗に見える、という意外なメリットがあります。

部屋の前に緑あふれる公園があれば、他の向き以上に太陽光を浴びた美しい景色を楽しむことができます。

また、北側斜線制限という法が適用された住宅であれば、北側(部屋の前)に広いルーフバルコニーのあるタイプもあります。

この場合、部屋に日は差しませんが、周辺に高層建築物がなければバルコニーに太陽が降り注ぐので、洗濯物や布団を干すことができます。

■東西向き東と西の両方に窓がある、振り分けタイプの部屋があります。

南向きのように一日中、日が差す部屋はありませんが、逆にいえば、どの部屋にも何時間かは必ず日が差します。

向いているのは、一日中、室内にいることが多い人。

専業主婦や家で仕事をしている人でしょう。

太陽が東にあるときは、早朝にした洗濯を東向きのバルコニーで干す、昼ごろに洗った大型のシーツは、西向きのバルコニーで干す、という太陽を全面に取り入れた暮らしができます。

いかがでしょうか。

自分のライフスタイルを見つめると、必ずしも「南向き」にこだわる必要はないかもしれません。

他の向きにも視野を広げて探してみると、意外に快適な住まいが見つかるかもしれませんよ。

(不動産・住生活ライター 高田七穂)

続きを読む