田中杏子の″ワガママ″が詰まったVIVIENNE TAMコラボドレス発表

写真拡大

 「VIVIENNE TAM(ヴィヴィアン タム)」と田中杏子によるスペシャルコラボレーションアイテムが、9月1日に発売される。「重ねる」をテーマに、ドレスやスカート、5色のバリエーションで展開されるインナードレスを制作。発売前日には、スタイリストやファッションエディターとして多方面で活躍し「Numéro TOKYO(ヌメロ トウキョウ)」の編集長を務める田中杏子が自らVIVIENNE TAM AOYAMAでゲストを迎え、"ワガママ"とこだわりが詰まっているというコレクションを披露した。 Numéro田中杏子×VIVIENNE TAMの画像を拡大

 「VIVIENNE TAM」の「女性を美しくできる服を制作してほしい」というオファーからスタートしたスペシャルコラボレーションは、ブランドが提案する透け感のある素材とインナーの色との重なりを楽しむ「Lining View」をベースに展開。ドレスは、バロック様式を思わせる2種類のレース柄を胸下のグロランリボンから切り替えた「Little Black Lace Dress」(59,850円)と、濃紺のレースと黒のチュールをリバーシブルで着用できる「Many Days Dress」(44,100円)の2型を販売する。「Many Days Dress」のリバーシブルデザインは、単品のスカートにも使用。アウターとしての機能も備えた2パターンのインナードレスには、ベーシックカラーの黒やシャンパンゴールドの他にもレッドやパープル、ジェイド(翡翠)といった「VIVIENNE TAM」らしいヴィヴィッドなカラーを揃え、ドレスやスカートと重ねることで様々な表情に変化するよう工夫されている。 「Little Black Lace Dress」にレッドのインナーを合わせた田中杏子は、「何度も修正をしながら完成に至った。表情を変えられるところが万能。美しさや楽しさを一緒に共有できたら」とコメント。また「(制作する中で)沢山ワガママを言ったがそれを叶えてもらい、『VIVIENNE TAM』のプロフェッショナルを感じた」と話し、ブランドのテーマ「Double Happiness」にふさわしいコラボレーションになったとしている。