シニア犬の健康の秘訣は?  - ペット総研調査

写真拡大

ペット総研はこのほど、9月17日の「敬老の日」を前に、10歳以上のシニア犬を飼うオーナーを対象とした「シニア犬の健康に関するアンケート」調査の結果を発表した。

調査は7月4日〜8月7日に行われ、361名の有効回答者数だった。

調査からは、アンケート対象のシニア犬の多くが、よい健康状態で日々の暮らしを楽しんでいることがうかがえる結果となった。

愛犬の健康状態について、半数以上の51.0%が「普通」、32.7%のオーナーが「良い」と、8割を超えるオーナーが健康に問題なしと回答。

10歳を超えても、多くの割合の愛犬たちが元気でいることが明らかとなった。

食欲に関しては、「食欲旺盛」「食欲は並」を合わせると、92.8%の愛犬の食欲が普通以上。

やはり食べることは愛犬の大きな楽しみのひとつとなっているようだ。

半数の50.1%のオーナーが、愛犬は散歩が「とても好き」と回答しており、次点の「まぁまぁ好き」も含めると、84.7%がシニアになっても散歩を楽しんでいることがわかる。

愛犬の性格については、「甘えん坊」と回答した人が圧倒的に多い結果となった。

ペットというよりは、子どもとして見ているオーナーが多いことの反映と思われる。

次いで「優しい」「臆病」と続く。

愛犬と触れ合う時間は、「ほとんど触れ合わない」以外は、各回答数に特に大きな差は見られない。

ペット総研では、接する時間の長さより、愛犬と接している間の充実度や生活のメリハリを重視しているオーナーが多いのでは、と分析している。

動物病院に連れて行く頻度に関しては、「数カ月に1回程度」がもっとも多く26.6%、「月に1〜2回程度」「異変があるとき連れて行く」が僅差で続いた。

ある程度、通院間隔を空けているオーナーが多く、必要なときのみ病院に行くという回答も少なくない。

病院に頼らずとも、愛犬の健康状態をうまく管理できている人が多いようだ。

自由回答の「愛犬の長生きの秘訣」では、「食事管理」「適度な運動」といった、シニア犬だけでなく若い犬の健康管理にも不可欠な項目をあげるオーナーが多かった。

また「ストレスを与えない」「たくさん愛情をかける」といった、メンタルケアに関する意見も多く、人の場合と同様、精神的な不調が免疫力を下げたり、体調不良の原因になったりすることが、ペットオーナーの間にも広く知られるようになったことがうかがえる。

その他の調査結果の詳細は、ペット総研のアンケート結果ページで確認できる。