11月15日解禁! 「ボージョレー・ヌーヴォー」の予約販売開始 - JALUX

写真拡大

JALUX(ジャルックス)はこのほど、11月15日に解禁となるフランスの新酒ワイン「ボージョレー・ヌーヴォー(赤)」、「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー(白)」の予約販売を開始した。

JALUXは1986年以来、ボージョレー・ヌーヴォーをフランスのPierre Ferraud(ピエール・フェロー)社より輸入している。

ピエール・フェロー社は、創業1882年。

130年の歴史を誇り、ボージョレー地区の中でも世界中から高く評価されている生産者。

ボージョレーのワインをパリに広めたパイオニア的存在でもある。

ピエール・フェロー社の「ボージョレー・ヌ−ヴォ−」は、ブルゴーニュ地方ボージョレー地区のブドウ「ガメイ種」の、「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」は白ワイン産地として有名なマコネ地区のブドウ「シャルドネ種」の、それぞれの品種と土壌の個性を生かすことをモットーに造られているという。

JALUXは、人気の「ボージョレー・ヌ−ヴォ−」、「ボージョレー・ヴィラージュ・ヌ−ヴォ−」の赤2種類と、フレッシュかつフルーティーな味わいの「マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー」(白)を用意。

同社では、「11月15日の解禁日は、ピエール・フェロー社のヌーヴォーをぜひお楽しみください」と話している。