歯科医院の共通ポイントプログラムサービスが全国展開へ

写真拡大

ポイント事業およびマーケティング、決済事業を柱とするロイヤリティ マーケティングは、歯科医院の経営コンサルティングを展開するインサイトと提携した。

また、関東圏にてパイロット導入していた歯科医院で、Pontaポイントがたまる・つかえるサービス「Dental Ponta(デンタルポンタ)」を9月1日より順次、全国で展開する。

同サービスは、歯科医院向けの新しい共通ポイントプログラム。

Ponta会員が、「Dental Ponta」に加盟する全国の歯科医院にて自費診療を受けたり、口腔(こうくう)ケアグッズを購入することでPontaポイントがたまり、自費診療費や口腔ケアグッズの支払いにPontaポイントを使うことができるという。

ポイントのレートは、加算ポイントが100円につき1ポイント(=1円)としている。

なお、保険診療の自己負担分にはポイントは加算されない。

また、保険診療の自己負担分を、ポイントで支払いすることはできないとのこと。

加盟医院の情報は、デンタルポンタオフィシャルサイトで確認できる。