自由なファッションを楽しむ為の、秋冬向けインナー商品発売-トリンプ

写真拡大

女性下着メーカーであるトリンプ・インターナショナル・ジャパンは、2012年秋冬向けインナーの商品グループとして、「Warm SENSATION(ウォームセンセーション)」を9月6日より発売する。

寒さ対策に加え、冬の下着やファッションに関する女性の悩み「冬の三重苦」(1.着ごこち・乾燥や静電気が気になる、2.着こなし・着膨れや薄着ができない、3.冬疲れ・猫背やコリ)を解消することで、より美しく、自由にファッションを楽しむためのさまざまな機能や特長をもっているという。

「スキニックホット」(9月下旬発売)は、生地端が切りっぱなしの仕様で、脇はぎがなく、アウターにひびきにくい。

生地にはセラミックス混ナイロン繊維を使用し、遠赤外線放射機能が加わっている。

吸放湿性にも優れ、7分袖トップと3分袖トップは消臭効果のある綿混の汗取りパッドが付いている。

価格は2,940円から。

「SHAPE(シェイプ) SENSATION(センセーション) ストレッチフィットシェイパー(成型インナー)」(9月20日発売)は、ボディーラインメイクとあたたかさの両立を実現。

遠赤外線放射素材を使用し、インナー感覚で気軽に着用できる。

価格は3,465円から。

なお、そのほかにも、乾燥しやすい季節のお肌にうれしい保湿インナー「うるおいセラテック」(9月20日発売)や、薄くて軽くて疲れにくいインナー「マジ軽ホット」(9月6日発売)、肩甲骨の開閉運動をサポートするブラジャー「肩甲骨のきもち」、骨盤の開閉運動をサポートするガードル「骨盤のきもち」(9月6日発売)などが展開される。