茨城県水戸市の偕楽園で開園170周年記念の「水戸の萩まつり」開催

写真拡大

日本三名園の一つ、水戸の偕楽園は1842年(天保13年)に水戸藩第9代藩主・徳川斉昭公が「衆と偕(とも)に楽しむ場」として開設、今年170周年を迎える。

これを記念して「第45回水戸の萩まつり」が2012年9月1日(土)〜9月20日(木)、9月30日(日)に開催される。

金沢の兼六園、岡山の後楽園とともに、日本三名園の1つに数えられる偕楽園。

梅林がよく知られているが、萩も見事。

萩は、”秋にクサカンムリ”の字の通り秋の花の代表格だ。

秋の七草の一つでもあり、万葉集の歌の題材として最も多く用いられており、約140首もの歌が詠まれている。

偕楽園の萩は、創設時に徳川斉昭公が伊達藩から譲り受けたものを植えたもの。

そのため宮城野萩が中心なのが特徴だ。

白萩、山萩、丸葉萩など150群(むら)が咲き競う様子を楽しめる。

「水戸の萩まつり」の期間中は行燈が設置され、夕暮れにかけての萩と偕楽園の美しさが際立つ。

9月14日(金)〜23日(日)、29日(土)、30日(日)には、ライトアップがされ、より一層秋の美しさを堪能できる。

さらに、イベントも多彩で、期間中土曜・日曜・祝日には「旅の思い出に記念撮影〜水戸黄門漫遊一座〜」、「市民観光ボランティア”歴史アドバイザー水戸”による案内」が行われる。

9月8日(土)は「スズムシの放虫2012匹」、9日(日)「野点茶会」(水戸二高茶道部)、16日(日)「萩まつり俳句大会」も用意されている。

中秋の名月の9月30日(日)には、遠州流による好文亭茶会(有料)やさまざまな流派の合同野点茶会(有料)、津軽三味線演奏、箏(こと)の演奏、神楽舞と雅楽演奏会、献詠歌会、キャンドルライトアップ(日没から午後9時まで)が予定されている。

また、恒例の児童写生大会を9月1日(土)〜20日(木)の期間中、毎日開催している。

なお、偕楽園への入園は無料だが、「好文亭」への入館料は大人190円、小人100円となっている。