人相学の世界 「良い相」って?




占いの一ジャンルとして「人相占い」があります。「黙って座ればピタリと当たる」と人相見の人は言いますが、この人相占いとはいつぐらいからあるのでしょうか? また、どんな顔が「良い相」なのでしょうか?





■日本での「人相学」の歴史



日本では人相学の最も古い資料は室町時代にまでさかのぼると言われています。『先天相法』がそれです。しかし、室町時代に突然現れたのではなく、中国からの伝来でそれ以前に何らかの「人相学」が伝わっていたと思われます。



中国の史書などには、人相によって人を判断する記述があるからです。確実な資料が残っていないのでいつ伝来したか、また誰によって伝えられたかは判明していませんが、室町時代までに人相学に関する素地があったのでしょう。





人相学に関する知識、またその内容が日本で広く知られるようになったのは江戸時代です。『神相全編正義』、『南北相法』(水野南北の著作)などの、その後の日本の人相学の教科書となるような本が書かれます。その後、明治時代になって目黒玄竜子(めぐろげんりゅうし)という人が人相学を研究し、二代目・目黒玄竜子が日本における人相学を体系づけたと言われています。



この2人の著述には『玄龍子相法』があります。ちなみに、この目黒玄竜子という人は面白い人で、体に表われる色で病気を判断する研究成果を書いた『蒙色望診』という著作も残しています。



■顔の形による分類

人相学によれば、例えば顔の形によって人の性格、タイプを判断します。



●丸顔タイプ

ふっくらとした丸顔が特徴なタイプ。飲食が好きで、そのため高血圧などに注意した方が良いとされます。



●四角い顔タイプ

顎(あご)が張った、四角い顔型タイプ。骨太でしっかりした体格で勤勉とされます。



●逆三角形の顔タイプ

最近増えている、顎(あご)が細い顔型タイプ。顔色も色白で内臓系が弱いのではとされるタイプです。



筆者などは、肥満型、細長型、闘士型の3タイプで人間の性格を分類した、エルンスト・クレッチマーの『体格と性格』を思い起こさせるような気もします。



■良しとされる人相の特徴!



人相として「良い」とされる特徴には以下のようなものがあります。



●まゆ丘がしっかりくっきりしていること。

(実行力、行動力、直観力の良さを示します)

●まゆ毛が長いこと。ただし25歳未満の場合には逆に長いのは良くないとされます。

(長寿の相、精神の強さを表します)

●目はやや細めで長いこと。

(目は心を表す、意思の強さを示し粘りで成功する)

●鼻はしっかりと肉づき良く、硬いこと。

●耳は大きいのが良い。

(耳は先祖のことを表すと考え、社会との関係を見る)

●耳の後ろの骨「寿骨」が高いこと。

●鼻の下と唇の間「人中」が長く、くっきりしていること。

(寿命が長く、金運の良さを表します)

●法令線がはっきりして深いこと。



法令線が深いと年寄りに見えてイヤだという人が多いかもしれませんが、人相上は「良い」んですね。また「皮膚が厚い」(活動的であること、精力があることを示す)、「みけんが広い」(運勢が良い、気持ちが広いことを示す)なども良い相とされています。





「長寿の相」という面で見ると、

●耳から生える毛「耳豪」(じごう)は良い。

●50歳以降に現れる皮膚シミは良い。

ということになっています。これらは長生きしているからこそ出る現象なのではないかとも思いますが……(笑)。



日本占学協会副会長である、著名な占学者・福田有宵先生によれば、「笑顔が福を呼びます。口角を上げるように努めること。みけん(印堂)を広げること」を心がけるようにとアドバイスを頂きました。どうでしょうか。 あなたの顔は「良い相」ですか?



(高橋モータース@dcp)