奥様はコマガール (60) 犬馬鹿の境界線と夫婦間のズレ

写真拡大

今から数年前、当時まだ独身だった僕はある女性と付き合うことになった。

その女性は白いポメラニアン(オス)を飼っており、だから当然その犬も僕にとって愛すべき存在となった。

それが現在の妻・チーと愛犬のポンポン丸くん(以下、ポンポン)である。

付き合い始めたころ、チーはポンポンについてこんなことを言っていた。

「私、極端な犬馬鹿にはなりたくないの。

いくら犬がかわいいからって、犬を人間と同じように扱うのは馬鹿っぽいよね。

犬はあくまで犬としてかわいがらないと」。

僕もその意見には賛成だった。

犬は犬、人間ではない。

当たり前のことである。

かつての日本では、犬はペットというより番犬という扱いであり、それがいつしか愛玩を目的とするペットとなり、現在はそこからまた変化して、「犬も家族の一員」という考えが定着。

そういった認識の変化は、大家族時代から核家族時代への移行、さらに独身者の増加といった日本人の生活様式に則した自然な結果であり、否定されるべきではない。

現代日本人が、犬にライフパートナーとしての価値を求めるようになったのである。

しかし、だからといって巷の愛犬家の中には、僕が思わず眉をひそめたくなる人も多数いる。

それは先にチーが述べた極端な犬馬鹿のことだ。

犬を愛することはおおいに結構だが、犬の食事を人間と同等か、あるいはそれ以上の豪華なものにしたり、犬の衣服に人間さながらの大金をかけたり、そういう度を超した溺愛はさすがに滑稽に見える。

ちなみに、芸能界屈指の愛犬家として知られる某ベテラン女優は仕事の現場に愛犬を連れてくることが多いらしく、あるスタッフがそれを注意したところ、激怒したという。

彼女は愛犬のことを犬だと思っていないため、「犬の連れ込みは禁止」という文言が気に入らなかったわけだ。

また、彼女は愛犬のことを名前で呼ばれないと不機嫌になる。

彼女にとって愛犬は犬ではなく、「〇〇ちゃん」という唯一無二の個体なのである。

話をチーに戻すと、彼女がそういう犬馬鹿の類ではないということが、僕にとっては非常にありがたかった。

犬(その他のペット含む)に対する価値観というのは、ともすれば人生観や宗教観にも通ずる重要な部分であり、男女のそれが大きく食い違うと、結婚どころではなくなってくる。

たかだか犬と侮ることなかれ。

かつて江戸幕府の犬公方こと第5代将軍・徳川綱吉が発した「生類憐みの令」がそうであったように、人間と動物の関係には世相の混乱を招くだけの影響力がある。

何事も極端は危ういのだ。

かくして僕はチーの認識に安心感を覚え、彼女とポンポンとの新しい生活を送ることになった。

しかし実際付き合ってみると、ポンポンの扱いについて疑問を抱くような出来事が頻発。

すなわちチーの中での過保護の基準が、僕のそれとは異なっていたのである。

たとえばポンポンの暑さ対策についてだ。

猛暑の夏になると、チーはポンポンの熱中症を極端に心配する。

確かにポンポンは長毛種のため、夏場もふわふわのコートを纏っているようなものだから、飼い主としては熱中症に注意しないといけないだろう。

実際、いつかの炎天下の日に30分以上も散歩した結果、ポンポンが脱水症状になり、慌てて動物病院で処方してもらったことがある。

あまり知られていないことだが、犬を外で飼うことが当たり前だった昭和30年代などは、熱中症で犬が死ぬことも多かったという。

しかし、である。

さあ、ここからは皆さんにもお立会いいただきたい。

僕はそれでも短い時間の散歩なら大丈夫だと考えている。

いくら長毛種とはいえ、そこはやっぱり犬だ。